最終更新日時:2020/03/15

沖田さくら

薬剤師

イブには「イブプロフェン」という解熱鎮痛成分が配合されています。痛みを起こす原因物質である「プロスタグランジン」の生成を抑え、鎮痛効果を発揮します。鎮痛成分により胃が荒れてしまうことがあるため、出来るだけ服用の際は空腹を避けるようにします。また、眠くなる成分は含まれていないため、職場など場面を選ばずに飲むことが可能です。