KAGOME スルフォラファンの効果の根拠を解説!副作用や飲み方は?

Written by alloeh編集部

最終更新日:

KAGOME スルフォラファンとは?


効果

健康な中高年世代の方の健常域でやや高めの血中肝機能酵素(ALT)値を低下させる

KAGOME スルフォラファンは、肝機能マーカーの一つALT値を改善する効果で届け出が行われている機能性表示食品です。

💡 機能性表示食品とは?

機能性表示食品とは、メーカーがあるサプリの効果に関して消費者庁に届け出ることで、その効果をパッケージに表示をして製品を販売できる制度のことで、効果が明示されていない一般的なサプリよりも信頼性の高い製品のことをいいます。

今回の記事では、そんなKAGOME スルフォラファンの効果や特徴、副作用や飲み方を含有成分などの根拠を元に解説していきます!

KAGOME スルフォラファンに含まれる成分を解説!

機能性表示食品として届け出が行われているKAGOME スルフォラファンには、機能性関与成分としてスルフォラファングルコシノレートが配合されています。

💡 機能性関与成分とは?

機能性表示食品のある効果を生み出しているもととなっている成分のことです。

スルフォラファングルコシノレート


スルフォラファンは、食品中ではスルフォラファングルコシノレート(SGS)として存在しており、体内で分解されることでスルフォラファンに変わります。 

スルフォラファンは硫黄が豊富な物質で、ブロッコリー・チンゲン菜・キャベツなどのアブラナ科の野菜に含まれている成分です。肝機能の改善に関する効果で有名ですが、それ以外にも髪の毛の健康や抗がん作用など多くの健康効果が研究により示唆されています。詳しい情報は成分解説記事をチェックしてみてください。

KAGOME スルフォラファンの副作用は?

サプリメントは個々人の体質によっても相性があるため、自身の体調などを確認しながら摂取するようにすると良いでしょう。 

また、サプリメントは食品としてアレルギーや相互作用を誘発するケースもあるため、配合されている成分にも注意が必要です。

KAGOME スルフォラファンの使い方は?

KAGOME スルフォラファンは、1日1回3粒の摂取が目安量として推奨されています。決まった摂取量があるわけではないため、ご自身の体調なども参考にしながら摂取量を決めると良いでしょう。

最後に


今回はKAGOME スルフォラファンについて解説してみました。

成分などについてより詳しく調べたい方は、この記事文中にある成分解説記事へのリンクなどからぜひ詳細を覗いてみてください。

ALLOEHの商品ページからも確認できますので、気になる方はぜひ確認してみてくださいね。

Powered by Froala Editor

サイドバーコンテンツ

ビタミンACE販売ページ

カテゴリー

人気のキーワード

人気の記事

新着記事

ライター募集中

サプリメント診断