サプリ相談/お得情報はこちら

LINEで開く

栄養不足に最適な成分やサプリメントは?エビデンスをもとに効果や副作用を解説

Written by alloeh編集部

最終更新日:

栄養失調:その定義、症状、そして治療法

栄養失調とは体に入る一定の栄養素が極度に不足している状態、または極端に多い状態のことを指します。

栄養失調は、発育不全、目の疾患、糖尿病、そして心臓疾患などの深刻な病気に繋がる可能性があります。

世界中の何十億もの人々が栄養失調で苦しんでいます。ある国や地域に住む人たちはある一定のタイプの栄養失調に罹るリスクが高いです。それは、周りの環境、生活スタイル、そして資力によって異なります。

この記事では栄養失調の種類、症状、そして原因を見ていきたいと思います。そしてその予防法と治療法についても解説します。

栄養失調とは何か

栄養失調とは栄養不足、または栄養の過剰摂取の状態のことを指します。

栄養失調には以下のような種類があります。(参考1)(参考2)

  • 低栄養:この種類の栄養失調は、タンパク質、カロリー、または微量栄養素の摂取が不足している結果起こります。身長に対して体重が少ない状態(消耗症)、年齢に対して身長が低い状態(発育阻害)、そして年齢に対して体重が少ない状態(低体重)に繋がります。
  • 過栄養:タンパク質、カロリー、脂肪などのある一定の栄養素の過剰摂取も栄養失調を引き起こします。この場合、太りすぎや肥満になります。


十分な栄養が摂取できていない人は、ビタミン類とミネラル類、特に鉄、亜鉛、ビタミンA、そしてヨウ素が不足していることが多いです。(参考)

しかし、過栄養の場合もまた微量栄養素不足である場合があります。

太りすぎや肥満になるのはカロリーの取りすぎが原因の可能性があり、同時にビタミン類とミネラル類不足になっている場合があります。

その理由は、過栄養の原因となる揚げ物や糖分が多い食べ物はカロリーと脂肪分は多いですが、他の栄養素があまり含まれていない傾向にあるためです。(参考)

まとめ

栄養失調には低栄養と過栄養があります。この二つは放っておくと、健康問題や栄養不足を引き起こす可能性があります。

栄養失調の兆候と症状

栄養失調の兆候と症状はその種類によって異なります。

栄養失調が体に与える影響を知っていれば、私たちや医療提供者たちは低栄養と過栄養に関係した問題を確認し、治療をすることができます。

低栄養

低栄養は食事から十分な栄養が取れていないことが原因で起こります。

低栄養になると以下のことが起こる可能性があります。 (参考)

  • 体重の減少
  • 脂肪と筋肉の減少
  • 頬がこけ、目がくぼむ
  • 腹部の膨張
  • 髪の毛と肌の乾燥
  • 傷の回復が遅くなる
  • 疲労感
  • 集中力の欠如
  • イライラ
  • 気持ちの落ち込みと不安感


低栄養の人は上記のうちの一つまたはいくつかの症状があると思われます。ある種の低栄養は他とは違った影響があります。

クワシオルコルとは深刻なタンパク質不足のことで、体液貯留と腹部の膨張が起こります。また、深刻なカロリー不足の結果である体の衰弱状態は、消耗症や大幅な脂肪分と筋肉の減少に繋がります。(参考)

低栄養はまた、微量栄養素不足を引き起こします。もっとも一般的な不足する栄養素とその症状は以下の通りです。(参考)

  • ビタミンA:ドライアイ、鳥目、感染症にかかるリスクの上昇(参考)
  • 亜鉛:食欲不振、発育不全、傷の回復が遅くなる、抜け毛、下痢(参考)
  • 鉄:脳機能障害、体温コントロールの問題、胃の問題(参考)
  • ヨウ素:甲状腺肥大(甲状腺腫)、甲状腺ホルモンの分泌量の低下、発育と発達の問題(参考)


低栄養は深刻な身体的な問題や健康問題を引き起こすので、死亡するリスクも上がります。

事実、発育阻害、消耗症、亜鉛とビタミンA不足は2011年の子どもの死亡原因の45%を占めています。(参考)

過栄養

過栄養の主な兆候は太り過ぎと肥満ですが、栄養不足を引き起こすこともあります。

ある研究は、太りすぎや肥満の人たちは標準の体重の人たちに比べて一定の種類のビタミン類とミネラル類の摂取量が不十分で、血中のそれらの値が低い傾向にあることを示しています。(参考1)(参考2)

ある研究では、285人の青年期の人たちの血中のビタミンAとE値を調べたところ、肥満の人たちの値は標準体重の人たちの値に比べて10~20%低いことが分かりました。(参考)

この研究結果に納得するのは、太りすぎや肥満は高カロリー、高脂肪で、その他の栄養素に乏しいファストフードや加工食品の食べ過ぎによって引き起こされる可能性があるためです。(参考1)(参考2)

17,000人以上の大人と子どもを対象にした研究では、ファストフードを食べている人たちは、このような食べ物を控えている人たちに比べて、ビタミンAとCの摂取量が非常に少なく、カロリー、脂肪、そして塩分の摂取量が多いことが分かりました。(参考)

栄養失調の診断

栄養失調は医療提供者がその状態を検査した際に診断されます。

栄養失調と診断する基準は、体重の減少、ボディマス指数(BMI)の表、微量栄養素の状態を見るための血液検査と身体の診察です。(参考1)(参考2)(参考3)

もし、過去に体重の減少や低栄養に関係する症状があった場合は、医師は微量栄養素不足を確認するために、さらに検査を増やす可能性があります。

一方で、過栄養が原因の栄養不足を確認するのは、難しい可能性があります。

もし、太りすぎや肥満の状態で、加工食品やファストフードばかり食べているのであれば、ビタミン類とミネラル類が不足している可能性があります。体が栄養不足の状態にあるかどうかを判断するには、かかりつけ医に食生活について相談してみてください。

まとめ

低栄養の症状は、体重の減少、疲労感、イライラ、そして微量栄養素不足です。過栄養は太りすぎや肥満、一定の種類のビタミン類とミネラル類不足になる可能性があります。

栄養失調が長期間にわたって体に与える影響

栄養失調は病気や慢性の健康問題を引き起こす可能性があります。

低栄養が体に長期間に渡って与える影響には、肥満、心臓疾患、そして糖尿病に罹る危険が高まることが挙げられます。(参考1)(参考2)

ある研究では、ブラジルに住む50人の青年期の人たちのうち、幼少期の低栄養が原因で発育不全となった青年たちは発育不全にならなかった青年たちに比べて、3年間で5%ほど多く体に脂肪が付いたことが分かりました。(参考)

さらに追加して行われた研究では、ブラジルの青年期の人たちの中で発育不全の人の21%は高血圧であることが分かりました。それに比べて発育不全ではない人の高血圧率は10%以下でした。(参考)

研究者たちは幼少期の低栄養は代謝機能に変化を与え、それがのちに慢性的な病気を引き起こす危険性を高めるのではないかと考えています。(参考)

過栄養もまた、のちの健康問題に繋がる可能性があります。

特に、太りすぎや肥満の子どもたちは心臓疾患や2型糖尿病に罹る危険性が高いです。(参考1)(参考2)

369,000人以上の子どもを対象にした研究で、肥満の子どもたちはBMIが基準値内の子どもたちに比べて2型糖尿病になる確率が4倍以上であることが分かりました。(参考)

栄養失調が長期に渡って体へ与える影響で、ある一定の病気になる危険性が高くなることから、栄養失調の予防と治療をすることは、慢性的な病気が広がる可能性を下げることに繋がるかもしれません。

まとめ

ある研究では幼少期の低栄養はのちの高血圧や肥満に繋がる可能性が高いことが分かりました。過栄養もまた、2型糖尿病や心臓疾患などの慢性的な病気に罹る危険性が高くなる可能性があります。

栄養失調の主な原因

栄養失調は世界的な問題であり、その原因は環境的、経済的、そして医療的な問題によるものだとされています。

WHOは4億6千万人の大人と1億5千万人の子どもが栄養不足の状態であると推定しています。一方で、大人と子ども合わせて20憶人が太りすぎ、または肥満の状態にあります。(参考)

栄養失調の主な原因は以下の通りです。

食糧不足または価格的に入手可能な食糧が不足していること

複数の研究では、発展途上国と先進国の両方で食糧不足が栄養失調に関係していることが分かっています。(参考1)(参考2)(参考3)


消化機能の問題と栄養分の吸収機能の問題

クローン病、セリアック病、そして腸内の細菌異常増殖などの健康状態は吸収不良症候群を引き起こし、それが栄養失調の原因になる可能性があります。(参考1)(参考2)(参考3)


アルコールの過剰摂取

アルコールの過剰摂取は、タンパク質、カロリー、そして微量栄養素の十分な摂取がされない状態を引き起こす可能性があります。(参考1)(参考2)


精神障害

鬱やその他の精神的な問題は栄養失調になる危険性を高めます。ある研究では、鬱を患っている人が栄養失調である確率は精神的な問題がない人に比べて4%高いことが分かりました。(参考)


食事の入手や準備が困難な場合

複数の研究では、体が弱かったり、移動が困難であったり、そして筋肉が弱かったりする場合、これらの問題により、食事の調理などが難しくなるため、栄養失調になる可能性が高いことが分かりました。(参考1)(参考2)


まとめ

栄養失調の原因には食糧不足、ある一定の健康状態、そして体の不自由が挙げられます。

栄養失調になる危険性が高い人たち

栄養失調は全世界の全ての地域の人々に影響を与えていますが、ある一定の人たちはその危険性が非常に高くなっています。

以下のような人たちは栄養失調になりやすい傾向にあります。


発展途上国や食料が十分に入手できない地域に住む人たち

低栄養や微量栄養素不足はアフリカのサハラ砂漠より南の地域や、南アジアの国々に住む人たちに多く見られます。(参考1)(参考2)


子どもや妊娠中、授乳中の女性など多くの栄養を必要とする人たち

発展途上国では、24~31%の妊娠中、または授乳中の女性たちが栄養不足の状態にあります。(参考1)(参考2)


貧しい生活をしている人たち、低収入の人たち

社会・経済的地位の低さと栄養失調には関連があります。(参考)


高齢者で、特に一人暮らし、または身体に障害がある人たち

ある研究では、22%の高齢者が栄養不足の状態にあり、45%以上がその予備軍であることがわかりました。(参考1)(参考2)


栄養分の吸収機能に影響がある健康問題を抱えている人たち

クローン病や潰瘍性大腸炎を患っている人は健康な人に比べて栄養失調になる可能性が4倍高いと言われています。(参考1)(参考2)


まとめ

高齢者、貧しい人たち、そして消化機能に問題がある人たち、または多くの栄養が必要な状態にある人たちは栄養失調になる危険性が高いです。

予防と治療

栄養失調の予防と治療には、その下に潜んでいる原因を探ることが必要です。

政府機関、独立組織、そして教育機関が栄養失調を防ぐために一役買うことができます。

ある研究では、栄養失調を防ぐのに最も効果的な方法として、栄養失調になる危険性が高い人たちに鉄、亜鉛、ヨウ素の錠剤、栄養補助食品の提供、そして栄養指導をすることが挙げられました。(参考)

加えて、過栄養の危険にある子どもと大人に、体に良い食べ物を選ぶことや運動をすることを推奨することは、太りすぎや肥満を防ぐことに繋がるかもしれません。(参考1)(参考2)

また、十分な炭水化物、タンパク質、脂肪分、ビタミン類、ミネラル類、そして水分が入った様々な食べ物を摂る食生活を送ることは、栄養失調を防ぐ助けになります。

一方で、栄養失調の治療はより個人の事情に合わせた取り組みが必要になります。

もし、あなた自身、または知り合いが栄養不足の状態にある時は、すぐにかかりつけ医に相談してください。

医療提供者は、低栄養の兆候や症状を確認し、栄養士と共に栄養補助食品を含めた食事のスケジュールを考えるなど、専門家の助けを受けることを推奨することがあります。

まとめ

健康的な生活習慣の推奨や栄養指導、そして栄養補助食品の提供など、専門機関による介入が栄養失調の広がりを抑えることを助ける可能性があります。栄養失調の治療には通常医師による診察と栄養士による指導が行われます。

要点

栄養失調は過栄養と低栄養のことを指します。

低栄養の人たちには、体重の減少、疲労感、そして気分の浮き沈み、ビタミンとミネラル不足の症状が出る可能性があります。そして、過栄養の人たちは太りすぎ、肥満、十分な微量栄養を取っていない状態、微量栄養素不足になる可能性があります。

どちらの種類の栄養失調もきちんと対処しなければ、健康問題に発展する可能性があります。

もし、あなた自身や知り合いが栄養失調の状態、特に、栄養が不十分の状態の場合はすぐにかかりつけ医に相談してください。

Powered by Froala Editor

関連記事

関連商品

サイドバーコンテンツ

ビタミンACE販売ページ

カテゴリー

人気のキーワード

人気の記事