サプリ相談/お得情報はこちら

LINEで開く

成長に最適な成分やサプリメントは?エビデンスをもとに効果や副作用を解説

Written by alloeh編集部

最終更新日:

はじめに

成長の遅れとは、子供の成長速度がその年齢で正常でない場合のことを指します。この遅れは、成長ホルモンの欠乏や甲状腺機能低下症などの基礎疾患が原因で生じることがあります。一部の症例では、早期の治療が正常または正常に近い身長に達するのに役立つことがあります。

子供の成長が正常ではないと思われる場合は、医療機関を受診しましょう。他の健康問題もあるかもしれません。

また、本記事でご紹介する成分を普段の食事やサプリメントで補うことにより、子供の成長を促進する効果が期待できます。ぜひ参考にしてみてください。

成長の遅れの兆候

あなたの子供が同じ年齢の他の子供より小さい場合は、成長に問題がある可能性があります。一般的にその年齢の子供の95%未満の身長の場合、通常医学的な問題と見なされます。

身長は正常範囲内でも、成長速度が遅くなっている場合には発育遅延と診断されます。成長の遅れの根底にある原因によっては、他の症状がみられることがあります。

特定のタイプの低身長症がある場合は、腕や脚の大きさが体幹と正常な比率を超えていることがあります。

ホルモンのチロキシンの値が低い場合は、活力の喪失、便秘、皮膚の乾燥、毛髪の乾燥、保温性の低下などが起こります。

成長ホルモン (GH) の値が低いと、顔の成長に影響を与え、異常に幼く見えることがあります。成長の遅れの原因が胃や腸の病気の場合は、便に血液が混じる、下痢、便秘、嘔吐、吐き気などがみられます。

成長の遅れの原因

成長の遅れには様々な原因が考えられます。最も一般的な原因には以下のものがあります。

低身長の家族歴

親やその他の家族が低身長の場合、子供の成長速度は通常よりも遅くなることがよくあります。家族歴による発育遅延は、基礎疾患の徴候ではなき、遺伝的な要因で子供の身長が平均より低くなることもあります。

体質的成長遅延

この病気の子供は平均より身長は低くなりますが、正常のスピードで成長します。彼らは、通常「骨の年齢」が遅れています。つまり、骨は年齢より遅い速度で成熟していくのです。そして、思春期に達するのも同年代より遅い傾向があります。このため、10代前半では平均より低い身長になりますが、成人期には同年代の人に追いつくことが多いです。

成長ホルモン欠乏症

正常な状態では、 GHは体組織の成長を促進する。部分的または完全なGH欠損症の小児は、健全な成長を維持できません。

甲状腺機能低下症

甲状腺機能低下症の乳児や小児では、甲状腺の機能が低下します。甲状腺は正常な成長を促すホルモンを分泌するため、成長の遅れは甲状腺機能低下症の徴候である可能性があります。

ターナー症候群

ターナー症候群 (TS) は、 1本のX染色体の一部または全部が欠損している女性に生じる遺伝性疾患です。TSは約2,500女性に1人の割合で影響を及ぼします。TSの小児は正常量のGHを産生しても身体はGHを有効に使えず起こる病気です。

成長遅延の他の原因

発育遅延のあまり一般的でない原因には以下のものがあります。

  • ダウン症:個人が通常の46の代わりに47の染色体を持っている遺伝的状態
  • 骨格異形成:骨の成長に問題を引き起こす一群の状態
  • 鎌状赤血球貧血(かまじょうせっけきゅうひんけつ)などの特定の種類の貧血
  • 腎臓、心臓、消火器、または肺の病気
  • 妊娠中の出産、母親による特定の薬物の使用
  • 栄養不足
  • 重度のストレス

成長の遅れの診断基準

主治医は詳細な既往歴から調べます。例えば以下のような子供の個人的および家族の健康歴に関する情報を収集します。

  • 出産した母親の妊娠
  • 出生時の子供の身長と体重
  • 家族でほかの人の身長
  • 成長の遅れを経験した、他の家族に関する情報


特定の検査や画像検査も診断に役立ちます。手と手首のX線写真は、子供の年齢との関係で骨の発達に関する重要な情報をしることができます。血液検査はホルモンバランスの異常を特定したり、胃、腸、腎臓、骨などの特定の病気の検出に役立ちます。

場合によっては、医師が血液検査のために子供を入院させることもあります。これはGH産生の約2/3が睡眠中に起こるためです。

また成長の遅れや低身長は、ダウン症候群やTSなど、すでに診断されている症候群の一旦として診断されることもあります。

治療法

子供の治療計画は、発育遅延の原因によって異なります。家族歴または体質性の遅れに関連する成長の遅れに対して、医師は通常治療や介入を推奨しません。

その他の基礎的な原因では、以下の治療や介入が正常な成長の開始に役立ちます。

成長ホルモン欠乏症

GH欠損症と診断された場合、主治医はGHの注射を勧めます。注射は通常親が自宅で1日1回行います。

この治療は、子供の成長とともに数年間続く可能性があります。主治医はGH治療の効果をモニタリングし、それに応じて用量を調整します。

甲状腺機能低下症

お子さんの甲状腺機能低下症を補うために甲状腺ホルモン補充薬を処方することがあります。治療中医師は定期的にお子さんの甲状腺ホルモン値を観察します。自然に数年以内に回復する小児もいますが、生涯治療を続ける必要がある場合もあります。

ターナー症候群

TSの小児はGHを自然に産生しますが、注射で投与するとより効果的に活用できます。4歳から6歳頃になると医師は、成人の正常な身長に達する可能性を高めるために毎日GH注射を開始することを推奨する場合があります。

GH欠乏症の治療と同じように、通常は自宅で注射を行うことができます。注射によってお子さんの症状が抑えられない場合は、医師が用量を調整します。

上記の原因以外にも考えられる原因があります。原因によっては、成長の遅れに対して他の治療法がある場合もあります。詳しい情報については、お子さんが正常な成人の身長になるための方法を医師に相談して聞いてみてください。

成長が遅れている子供の今後

成長見通しは、遅延の原因と治療開始時期によって異なります。早期に診断されて治療を受ければ、身長は正常かほぼ正常になります。

治療開始までに時間がかかりすぎると、低身長やその他の合併症のリスクが高まります。若い成人期に骨の成長板が閉じてしまうと、それ以上成長することはありません。

お子さんの具体的な状態、治療計画、経過の見通しについての詳しい情報を医師に尋ねてください。お子さんが正常な身長に達する可能性や、合併症のリスクを理解するのに役立ちます。

子供の成長を促すためには

成長を促す(身長を伸ばす)ためには、「バランスの良い食事・睡眠・運動」のリズムをつくることが重要です。

食事において、骨の密度を上げる栄養素「カルシウム」と、筋肉の成長を促す「タンパク質」を一緒に摂取することが推奨されています。そして、カルシウムやタンパク質の吸収をよくするために、ビタミンCやD、K、B群といった「ビタミン」や「マグネシウム」などの栄養素と一緒に摂ることが大切です。

もし栄養バランスの整った食事が難しい場合は、サプリメントで栄養素を補いましょう。特に、「マルチビタミン」や「マルチミネラル」などのサプリメントは、たくさんの栄養素を手軽に摂取できるのでおすすめです。


まとめ

早期に治療を受ければ、子供の身長は成人の標準に達する可能性があるので、成長の遅れの徴候や症状に気づいたらすぐに医師に相談してください。治療が可能かどうかにかかわらず、小児の発育遅延の根本的な原因を特定することは、成長を助けることに役立つでしょう。

子供の成長を促すためには、食事・睡眠・運動が重要だとされています。不足しがちな栄養素はサプリメントでも補うことが可能なので、日々の食生活で不足している栄養素はないか振り返ってみてください。この記事が少しでも参考になれば幸いです。最後までお読みいただきありがとうございました!

Powered by Froala Editor

関連記事

関連商品

サイドバーコンテンツ

ビタミンACE販売ページ

カテゴリー

人気のキーワード

人気の記事

新着記事

ライター募集中

サプリメント診断