サプリ相談/お得情報はこちら

LINEで開く

高血圧に最適な成分やサプリメントは?エビデンスをもとに効果や副作用を解説

Written by alloeh編集部

最終更新日:


高血圧症とは?

高血圧は血圧が健康上に良くないレベルまで上昇したときに起こります。血圧の測定では、血管を通過する血液の量と心臓が血液を送り出す際に受ける抵抗の量を計測します。細い動脈は抵抗を増大させ、血圧が高くなります。長期的に血圧の上昇は心臓病などの健康問題を引き起こす可能性があります。

高血圧はよくある病気の一つで、ガイドラインも最近変更され、米国成人の半数近くがこの疾患と診断されています。高血圧は数年かけて進行し、普段は自覚症状はありません。しかし症状がなくても高血圧は血管や臓器、特に脳、心臓、眼、腎臓に損傷を与える可能性があります。

早期発見が重要で、また定期的に血圧を測定することで変化に気づくことができます。血圧が上昇している場合は、数週間かけて血圧を測定し、上昇が続いているか正常値に戻っているかを確認します。

高血圧の治療には、処方薬と健康的なライフスタイルも含まれます。ご自身の状態を治療し、変えなければ、心臓発作や脳卒中などの健康問題につながる可能性があります。


高血圧の症状とは?

高血圧は一般に無症状で、多くの人が症状を感じません。症状が明らかになるほど重度で、症状を感じるには数年から数十年かかることもあります。これらの症状は別の問題に起因する可能性もあります。

重度の高血圧の症状には以下のものがあります

  • 頭痛 
  • 息切れ 
  • 鼻血 
  • フラッシング 
  • 目まい 
  • 胸痛 
  • 視覚的変化 
  • 尿中の血液


これらの症状がある場合はすぐに治療が必要です。高血圧のすべての人に発症するわけではありませんが、この病気の症状が出ると死に至る可能性があります。

高血圧かどうかを知る一番の方法は、定期的に血圧を測ることです。ほとんどの病院では予約で血圧測定を行うことができます。

1年に1回しか健康診断を受けていないのであれば、高血圧のリスクや、血圧を監視するために必要な測定値について医師に相談してください。

例えば家族の心臓病の歴がある場合や、心臓病を発症する危険因子がある場合、医師は通常年2回の血圧測定を勧めます。これにより問題が発生する前に、医師が問題を把握しておくことができます。


高血圧症の種類について

高血圧症には2つあり、どちらも原因が違います。

一次性高血圧症

一次性高血圧は本態性(ほんたいせい)高血圧とも呼ばれます。この種の高血圧は時間の経過とともに進行し、特定できる原因はありません。多くの人はこのタイプの高血圧です。

どのようなメカニズムで血圧が徐々に上昇するのかは、まだわかっていません。様々な要因が関わっている可能性があります。例えば次のような要因があります。

遺伝子

遺伝的に高血圧になりやすい人もいます。両親から遺伝した遺伝子変異や遺伝子異常が原因かもしれません。

身体的変化

体の中の何かが変化すると、全身に問題が起こり始めることがあります。高血圧もその一つかもしれません。例えば、加齢による腎機能の変化が体の塩分や水分の自然なバランスを崩す可能性があると考えられています。この変化により、体の血圧が上昇することがあります。 

生活環境

時間の経過とともに、運動不足や食事制限などの不健康な生活を送ると、体に負担がかかります。ライフスタイルによっては体重の問題につながることもあります。肥満は高血圧のリスクを高めます。

二次性高血圧

二次性高血圧はしばしば急速に起こり、一次性高血圧よりも重症化することがあります。二次性高血圧の原因となりうるいくつかの病態には以下のものがあります

  • 腎臓病 
  • 閉塞性睡眠時無呼吸 
  • 先天性心疾患
  • 甲状腺の問題
  • 医薬品の副作用
  • 違法薬物の使用
  • アルコール乱用や慢性アルコール中毒
  • 副腎の問題 

高血圧症の診断について

高血圧の診断は、血圧を測るのと同じくらい簡単です。ほとんどの病院では、定期健診の一環として血圧を測定します。来院時に血圧の値を知らない場合は測定したほうがよいでしょう。

血圧が上昇している場合は、数日から数週間かけてさらに測定するように指示されることがあります。高血圧の診断が1回の測定で下されることはまれです。医師は持続的に数値を見る必要があります。なぜなら生活習慣が血圧上昇の原因になる可能性があるためです。例えば診察室で感じるかもしれないストレスなどです。また血圧は1日中変化します。

血圧が高いままであればにさらに検査するでしょう。テストには次のようなものがあります。

  • 尿検査
  • コレステロール検査
  • その他の血液検査
  • 心電図による心臓の電気的活動の検査
  • 心臓または腎臓の超音波検査


これらの検査は高血圧の原因となっている二次的な問題を医師が特定するのに役立ちます。また高血圧が臓器に及ぼす影響も調べることができます。

このテストの間に担当医が高血圧の治療を開始することがあります。早期治療を行うことで長期的なリスクを減らすことができます。

高血圧になり得る数値

血圧測定値の数値は2種類あります。

収縮期血圧

これが最初の数値です。心臓が拍動して血液を送り出すときの動脈圧です。


拡張期圧

これは2番目の数値です。心臓の拍動と拍動の間の動脈圧の測定値です。 成人の血圧測定値は、以下の5つのカテゴリーで定義されています。

健康健康な血圧の数値が水銀(ミリメートル水銀柱)の120/80未満であること。

上昇収縮期血圧は120~129 mmHg、拡張期血圧は80 mmHg未満。通常医師は高血圧を薬で治療することはありません。代わりに数値を下げるために、ライフスタイルの見直しを求められるかもしれません。

第1期高血圧収縮期血圧が130~139 mmHg,または拡張期血圧が80~89 mmHg。

第2期高血圧収縮期血圧140 mmHg以上、拡張期血圧90 mmHg以上。

高血圧クリーゼ収縮期血圧180 mmHg以上、又は拡張期血圧120 mmHg以上。

第1期高血圧から高血圧クリーゼの範囲の血圧には緊急の治療が必要です。血圧がこの程度まで高いときに、胸痛、頭痛、息切れ、視覚の変化などの症状がみられる場合は、救急外来での治療が必要です。 血圧測定は圧力カフで行います。正確な測定のためには適切なカフが必要です。不適切なカフは不正確な測定値をもたらすことがあります。

血圧の測定値は子供と大人で異なります。血圧の注視を勧められた場合は、お子さんの健康状態を担当の医師に確認してください。


高血圧症の主な治療方法

たくさんの要因から最適な治療法を探し出します。これらの要因には、高血圧の種類や原因が特定されていることもあります。

一次性高血圧治療の選択肢

主治医が一次性高血圧と診断した場合、生活習慣の改善が高血圧の軽減に役立つ可能性があります。生活習慣を変えるだけでは十分でない場合や、効果がなくなった場合は、医師が薬を処方することがあります。


二次性高血圧治療の選択肢

医師が高血圧の原因となっている根本的な問題を発見した場合、治療はそのほかの病気に焦点を当てます。例えば、服用を開始した薬によって血圧が上昇している場合は、この副作用のない他の薬を試します。主訴に対する治療にもかかわらず高血圧になると、主治医は生活習慣を改善をすすめ、血圧を下げる薬を処方します。高血圧の治療計画は、最初はうまくいっていたものが時がたつにつれて効果がなくなる場合もあります。その場合は主治医の更なる指導に従ってください。


高血圧症の治療薬

一般的に血圧の薬を試します。自分に合った薬が見つかるまで、いろいろな薬を試してみる必要があるかもしれません。

高血圧の治療に使用される薬には以下のものがあります

ベータ遮断薬

ベータ遮断薬は心臓の鼓動を遅くし力を弱めます。これにより、1回の拍動で動脈を通る血液の量が減り、血圧が低下します。また血圧を上昇させる可能性のある特定のホルモンを阻害します。


利尿薬

ナトリウム濃度が高くなり、水分が過剰になると血圧が上昇します。利尿薬はウォーターピルとも呼ばれ、腎臓が過剰なナトリウムを体外に排出するのを助けます。ナトリウムが排泄されると、血液中の余分な水分が尿中に移動し、血圧が下がります。


ACE阻害薬

ACE(アンジオテンシン変換酵素)阻害薬は血管や動脈壁を収縮させる化学物質です。ACE阻害薬は、体内のこの化学物質の産生を阻害します。これは血管の弛緩を助け血圧を下げることに繋がります。


アンジオテンシンII受容体拮抗薬 (ARB)

ACE阻害薬はアンジオテンシンの生成を阻止することを目的としますが、 ARBはアンジオテンシンと受容体の結合を阻害します。化学物質がなければ血管は引き締まりません。よって血管を弛緩させ、血圧を下げるのに役立ちます。


カルシウム拮抗薬

これらの薬は心臓の心筋にカルシウムが入るのを阻害します。その結果心拍が弱くなり、血圧が下がります。これらの薬は血管にも作用し、血管を弛緩させて血圧をさらに下げます。


アルファ2作用薬

血管を引き締める神経インパルスを変化させる薬です。これにより血管が弛緩し、血圧が下がります。

※バルサルタンまたはイルベサルタンを含む特定の血圧治療薬がリコールされています。これらの薬を服用している場合は医師に相談してください。医師に相談せずに血圧の薬を飲むのを止めることはしないでください


高血圧の家庭療法

健康的な生活習慣の改善は、高血圧の原因となる因子をコントロールするのに役立ちます。ここでは一般的な家庭での治療法をいくつか紹介します。

健康的な食事

心臓に良い健康的な食事は、高血圧を減らすのに不可欠です。また、高血圧を管理し、合併症のリスクを減らすためにも重要です。これらの合併症には、心疾患、脳卒中、心臓発作などがあります。

心臓に優しい食事では、以下のような食品を重視します。


  • 果実 
  • 野菜 
  • 全粒穀物 
  • 魚のような脂肪の少ないタンパク質

身体活動の増加 

健康的な体重にするには、より活発に運動することが必要です。運動は体重を減らすのに役立つだけでなくストレスを減らし、自然に血圧を下げ、心臓血管系を強化するのにも役立ちます。毎週適度な運動を150分するようにしましょう。週に5回、約30分です。太りすぎや肥満の人は、心臓に良い食事をして体重を減らし、運動量を増やすことで血圧を下げることができます。


ストレスの管理

運動はストレスを管理するのに良い方法です。次のものもよいでしょう。

  • 瞑想
  • 深呼吸
  • マッサージ
  • 筋弛緩
  • ヨガや太極拳
  • 十分な睡眠


これらはすべて、ストレスを軽減することが証明されています。


クリーンなライフスタイル 

喫煙者であれば禁煙するようにしましょう。タバコの煙に含まれる化学物質は体の組織を損傷し血管壁を硬化させます。

アルコールを飲みすぎたり、アルコール依存症になっている場合は、飲む量を減らすか完全にやめるようにしましょう。アルコールは血圧を上げることがあります。


高血圧症の方へお勧めのダイエット療法

高血圧を治療して合併症を予防する最も簡単な方法の1つは、食事療法です。食事は、高血圧を緩和したり解消したりするのに大いに役立ちます。

先ほども簡単に記載しましたが、より詳しく高血圧患者に対する一般的な食事の推奨事項をいくつか紹介します。


肉を食べすぎず、野菜を食べる

植物性の食事は繊維質を増やし、乳製品や肉から摂取するナトリウムや不健康な飽和脂肪、トランス脂肪の量を減らせる簡単な方法です。食べる果物、野菜、葉物野菜、全粒穀物を増やします。赤肉の代わりに、魚、鶏肉、豆腐のような、より健康的な脂肪分の少ないタンパク質を選びましょう。


塩分を控える

高血圧の人や心疾患のリスクが高い人は、1日のナトリウム摂取量を1,500ミリグラムから2,300ミリグラムに抑える必要があります。塩分を減らす最善の方法は、生鮮食品を調理することです。ナトリウムが多く含まれていることが多い飲食物や加工食品は食べないようにします。


甘いものを控える

糖分の多い食品や飲料にはカロリーは含まれていますが、栄養成分は含まれていません。甘いものが欲しければ、新鮮な果物や砂糖で甘くしていないダークチョコレートを少し食べてみてください。ある研究ではダークチョコレートを定期的に食べると血圧が下がる可能性があると示唆しています。

妊娠中の高血圧症

高血圧の女性も健康な赤ちゃんを産むことができます。しかし、妊娠中に注意深く管理されていないと、母親と赤ちゃんの両方にとって危険です。

高血圧の女性は合併症を起こしやすくなります。例えば高血圧の妊婦は腎機能が低下することがあります。高血圧の母親から生まれた赤ちゃんは低出生体重だったり早産だったりします。

妊娠中に高血圧になる女性もいます。高血圧にはいくつかの種類があります。この状態は、子供が生まれるとしばしば元に戻ります。妊娠中に高血圧になると、将来高血圧になるリスクが高まります。


子癇前症(しかんぜんしょう) 

場合によっては、高血圧の妊婦が妊娠中に妊娠高血圧腎症を発症することがあります。このような血圧の上昇は、腎臓やその他の臓器の合併症を引き起こす可能性があります。その結果尿中のタンパク濃度が高くなったり、肝機能に問題が生じたり、肺に体液がたまったり、視覚に問題が生じたりします。

この状態が悪化すると母子のリスクが高まります。子癇前症は子癇(妊娠高血圧腎症の患者に起こる全身けいれん)につながり発作を引き起こします。妊娠中の高血圧問題は米国では依然として母体死亡の重要な原因となっています。赤ちゃんの合併症には、低出生体重、早産、死産などがあります。

妊娠高血圧腎症を予防する方法は知られておらず、この病気の唯一の治療法は出産です。妊娠中にこのような症状が現れた場合、医師は合併症がないか注意深く観察します。


高血圧症の身体への影響

高血圧は症状が出ないことが多いので、症状が現れるまでに何年も体にダメージを与えることがあります。高血圧症を治療しないと重篤な合併症が起こり死に至ることもあります。

高血圧の合併症状には以下のものがあります。


損傷した動脈

健康な動脈は柔軟で丈夫です。血液は健康な動脈や血管を通ってスムーズに流れます。


硬く、弾力性がなくなった動脈

この損傷により食事性脂肪が動脈に沈着しやすくなり、血流が制限されます。この損傷は血圧の上昇や閉塞を引き起こし最終的には心臓発作や脳卒中を引き起こします。


損傷した心臓

高血圧は心臓に負担をかけます。血管内の圧力が上昇すると、心臓の筋肉が健康な心臓よりも頻繁に、より大きな力で送り出します。

これにより心臓が大きくなり負担がかかります。また、心臓が大きくなると以下のリスクが高まります

  • 心不全
  • 不整脈
  • 心臓突然死
  • 心臓発作
  • 脳卒中


脳が正常に機能するためには、酸素を豊富に含む血液が正常に供給される必要があります。高血圧は脳への血液供給を減少させる可能性があります。

脳への血流が一時的に遮断される状態を一過性脳虚血発作 (TIA) といいます。 血流が著しく遮断されると脳細胞が死滅します。これは脳卒中と呼ばれます。 高血圧は、学習能力、記憶力、会話能力、理性にも影響を及ぼします。高血圧を治療しても一度失ったものへの高血圧の影響がなくなったり回復したりすることはありません。ただ治療で今後の健康被害を防ぐことは期待できます。

高血圧症の予防について

もし高血圧の危険因子を持っているのであれば、その状態とその合併症のリスクを下げるための手段があります。


健康的な食べ物を食事に加える

心臓に良い野菜を少しずつ食べていきましょう。毎日7食分の果物や野菜を食べるようにしてください。2週間は1日1食を野菜に変えるのが目標です。2週間たったらさらに1食分を目安に増やしてください。目標は1日に10食分の果物と野菜を食べることです。


夕食を調整する

肉メインとして使うより、肉をアクセントに使った料理を作りましょう。つまりステーキをサイドサラダと一緒に食べるのではなく、大きめのサラダを食べて小さめのステーキをトッピングするのです。


砂糖カット

味付けしたヨーグルト、シリアル、炭酸飲料など、砂糖で甘くした食品を減らすようにします。加工食品には不要な糖分が含まれているので、必ずラベルを読んでください。


減量目標を設定する

「体重を減らす」という恣意的な目標の代わりに、自分の健康的な体重について医師に相談しましょう。米国疾病予防管理センター (CDC) の信頼できる情報源は、週に約500g~1kgの減量目標を推奨しています。つまり、1日の摂取カロリーを通常より500カロリー減らすことから始めるということです。そして、その目標を達成するためにどのような身体活動を開始できるかを決めます。週に5日運動するのが大変な場合は、今やっていることよりも1日多く運動するようにしましょう。それが慣れてきたらもう1日追加しましょう。


血圧を定期的にモニタリングする

合併症を予防し問題を回避する最善の方法は、高血圧を早期に発見することです。血圧測定のために外来を受診することもできますが、血圧計を購入して自宅で測定すればよいでしょう。血圧測定値を記録しておき定期的に受診するようにしましょう。これは、病状が進行する前に問題を医師が発見するのに役立ちます。

Powered by Froala Editor

関連記事

関連商品

サイドバーコンテンツ

ビタミンACE販売ページ

カテゴリー

人気のキーワード

人気の記事