アスパラギン酸とは?エビデンスをもとに効果や副作用を解説

Written by alloeh編集部

最終更新日:

アスパラギン酸とは

アスパラギン酸とは体内で生成することができる非必須アミノ酸の1つであり、アスパラガスに多く含まれるアミノ酸です。アスパラギン酸の名前はアスパラガスに由来すると言われています。 アスパラギン酸は下記の効果・効能があると言われています。

・デトックス効果

・疲労回復効果

・美肌効果

そのため、慢性的に疲労が溜まっていると感じている方や肌の健康を維持したい方におすすめです。

アスパラギン酸が含まれている食材

アスパラギン酸は下記の食材に含まれています。

・魚(かつお、まぐろ)

・肉類(鶏肉、豚肉)

・アスパラガス

・アボカド

アスパラギン酸の効果・効能

アスパラギン酸の効果・効能は主に下記です。

デトックス効果

アスパラギン酸には利尿作用があるため、アンモニアなどの体内の毒素を排出する効果があるとされています。アンモニアが排出されないで体内に残るとどうなるのでしょうか? アンモニアが体内から排出されないと血液中に残り、脳やせき髄にある神経細胞が集まっている中枢神経系にダメージを与えます。そのダメージが蓄積されると肝臓に負担がかかり肝臓の働きに悪影響を引き起こす可能性があります。

疲労回復効果

アスパラギン酸は疲労の原因とされている乳酸を分解してエネルギーに変換する効果があるとされています。また病気なったり、ストレスが蓄積されたりすると、体内のエネルギーやビタミンやミネラルが消費され、栄養不足に陥ります。アスパラギン酸はこのような栄養不足を防止するためカリウムやマグネシウムなど足りなくなった栄養分を体中にはこんで体調を整えてくれる効果が示唆されています。

美肌効果

アスパラギン酸には肌の新陳代謝を高める効果が期待されています。新陳代謝が高まると肌の状態が良くなり、しっとりとしたなめらかな肌になります。また、アスパラギン酸には肌のシワやシミを改善するとされているコラーゲンの生成を促進する働きも持っているとされています。そのため、美肌を維持したいという方にもおすすめです。

アスパラギン酸の副作用

アスパラギン酸の副作用の研究結果

1日あたり2.6グラムのD-アスパラギン酸を90日間服用した場合の影響を調べた研究では、詳細な血液検査を実施して、有害な副作用が発生したかどうかを調べました。 その研究から安全性の懸念は発見されず、サプリメントの少なくとも90日間消費は安全であると結論付けました。 一方、別の研究では、D-アスパラギン酸を服用している10人の男性のうち2人が過敏症、頭痛、神経過敏の症状を報告していることがわかりましたが、同じ症状がプラセボ群の1人の男性からも報告されました。 D-アスパラギン酸サプリメントを使用したほとんどの研究は、副作用の発生は報告されませんでした。 このため、安全性についての確認はさらに調査が必要になる可能性があるといえます。

まとめ

いかがだったでしょうか?アスパラギン酸は慢性的な疲労に悩んでいる方や美肌を維持したい方におすすめです。もし副作用や安全性が気になる方は掛かりつけの医師や薬剤師の方に相談してください。

Powered by Froala Editor

関連記事

関連商品

サイドバーコンテンツ

ビタミンACE販売ページ

カテゴリー

人気のキーワード

人気の記事

新着記事

ライター募集中

サプリメント診断