植物ステロールとは?エビデンスをもとに効果や副作用を解説

alloeh編集部

最終更新日:2020/04/06

植物ステロール成分解説

多くの栄養素が私たちの心臓に良いと言われています。

最もよく知られているものの中で、マーガリンや乳製品に添加されている植物ステロール(植物に含まれるフィトケミカルの一種)があります。

これらの栄養素はコレステロールの低下に役立つことが分かっています。

しかし科学的研究では、植物ステロールについていくつかの懸念事項があるようです。

この記事では植物ステロールとは何か、それらが私たちの健康にどのような影響を及ぼす可能性があるかを解説していきます。

植物ステロールとは?

植物ステロールまたはフィトステロールは、コレステロールに関連する分子の仲間です。

それらは、人間のコレステロールのように、植物の細胞膜に見られるもので重要な役割を果たしています。

私たちの食事で最も一般的な植物ステロールは、カンペステロール、シトステロール、およびスチグマステロールです。植物ステロールは、食事に含まれる別の化合物と似ています。

私たちの体は体内構造上、コレステロールと植物ステロールの両方を活用できるよう進化しましたが、私たちの体はコレステロールを好みます。(参考

実際、ステロリンと呼ばれる2つの酵素があり、どのステロールが腸から体内に入ることができるかを調節しています。

植物ステロールは、約55%のコレステロールに比べて、ごく少量ののみが通過します。(参考


Point:植物ステロールは、動物のコレステロールに相当する植物由来のものです。それらは同様の分子構造を持っていますが、代謝が異なります。


植物油とマーガリンの含有量

ナッツ、種子、果物、野菜、マメ科植物を含む多くの健康な植物性食品には、かなりの量の植物ステロールが含まれています。

植物が豊富な食事をした旧石器時代の狩猟採集民が大量の植物ステロールを消費したことが分かっています。(参考

しかし、現代の食事と比較してこれは完全に一致しません。

植物油には植物ステロールが非常に多く含まれています。これらの油は多くの加工食品に添加されるため、植物ステロールの総食事摂取量はおそらくこれまでよりも多くなります。(参考

穀物は適度な量の植物ステロールを含んでおり、多くの穀物を食べる人の主要なエネルギー源になります。(参考

さらにマーガリンには植物ステロールが加えられることで、「コレステロール低下」とラベル付けされ、心臓病の予防に役立つと私たちは思い込むでしょう。

しかし、これは本当でしょうか?


Point:植物油とマーガリンには、植物ステロールが大量に含まれています。植物油は多くの加工食品に添加されるため、食事中の植物ステロールの濃度は以前よりも高くなる可能性があります。


心臓の健康改善にはほとんど影響しない

植物ステロールがコレステロール値を下げることができるということは、十分に実証された事実です。

1日に2〜3gの植物ステロールを3〜4週間食べると、悪玉コレステロールを約10%減らすことができます。(参考1参考2

これは、コレステロールを下げるスタチン系の薬を服用しているかどうかに関係なく、高コレステロールの人に特に効果的です。(参考1参考2

植物ステロールは、腸内のコレステロールと同じ酵素を奪い合い、コレステロールの吸収を効果的に防ぐと考えられています。(参考

高コレステロール値は心臓病のリスク増加と関連していますが、心臓病の直接的な原因と直結しているかどうかは分かっていません。

このため、コレステロール値を下げることが心臓病のリスク改善に影響するかどうかは不透明です。


Point:植物ステロールは、悪玉コレステロールレベルを約10%減らすことができます。 しかし、これが心臓病のリスク改善に影響するかどうかは不透明です。


心臓の健康維持への影響

多くの人々は、植物ステロールがコレステロールを下げる作用があるため、心臓発作を防ぐことができると思い込んでしまいます。

しかし、植物ステロールが心臓病、脳卒中、または疾患による死亡のリスクを下げることができることを示す研究はありません。

そのため逆説的に、植物ステロールは心臓病のリスクを高めてしまうかもしれません。多くのヒトを対象とした研究では、多くの植物ステロール摂取量は心臓病のリスク増加を結び付けています。(参考1参考2参考3

さらに大規模なスカンジナビアの研究(主に米国とドイツの地域研究の学際的な学術分野)において、心臓病患者の間で、最も植物ステロールを持っている人は、心臓発作を起こす可能性が最も高いことが分かりました。(参考

心臓病の男性を対象とした別の研究では、血液中の植物ステロール濃度が高い場合、心臓発作のリスクがさらに3倍高くなりました。(参考

またラットとマウスを対象とした研究では、植物ステロールが動脈内のプラーク蓄積を増加させ、脳卒中を引き起こし、寿命を短くすることが分かっています。(参考1参考2

米国心臓協会のような多くの保健当局は、心臓の健康を改善するために植物ステロールを推奨していますが、他の当局では同意していません。

例えば、ドイツの薬物委員会、フランスの食品基準局(ANSES)、英国の国立衛生管理研究所(NICE)はすべて心臓病予防のための植物ステロールの使用を推奨していません。(参考1参考2

フィトステロール血症またはシトステロール血症と呼ばれるまれな遺伝的状態により、一部の人々は大量の植物ステロールを摂取する際には注意が必要です。これにより心臓病のリスクが高まります。(参考


Point:植物ステロールはコレステロール値の低下につながりますが、多くの研究ではそれらが心臓病のリスクを高める可能性があることを示唆しています。


がんを予防する

いくつかの研究では、植物ステロールががんのリスクを下げる可能性があることを示唆しています。

ヒトを対象とした研究によると、最も多くの植物ステロールを消費した人は、胃がん、肺がん、乳がん、卵巣がんのリスクが低いことが分かりました。(参考1参考2参考3参考4

動物を対象とした研究では、植物ステロールが抗がんの特性を持ち、腫瘍の成長と拡散を遅らせる可能性があることも分かっています。(参考1参考2参考3参考4

しかし、これを裏付けるヒトの研究は観察研究のみです。このタイプの研究は科学的証拠としては成り立ちません。したがって、より多くの研究が必要です。


Point:ヒトと動物の研究では、植物ステロールの摂取が、がんのリスク低下と関連していることがわかっています。ただし、科学的証拠としてはさらに研究が必要です。


まとめ

1000年の間植物ステロールは野菜、果物、マメ科植物、および他の植物性食品の成分として私たちの食事の一部でした。

しかし現代の食事の姿では、不自然に大量の植物ステロールを摂取しています。これは主に精製植物油や栄養強化食品の消費によるものです。

植物ステロールの摂取量が多いと私たちの心臓が健康であると主張されていますが、この事実は予防するよりも心臓病を引き起こす可能性が高いことを示唆しています。

全ての植物ステロールを植物性食品から摂取することは問題ありませんが、植物ステロールが豊富な食品やサプリメントは避けるのが最善でしょう。

Powered by Froala Editor

  • 記事をシェア

この記事のライター

alloeh編集部

関連商品

関連記事