α-グリセリルホスホリルコリン (α-GPC)とは?エビデンスをもとに効果や副作用を解説

alloeh編集部

最終更新日:2020/04/09

α-グリセリルホスホリルコリン (α-GPC)成分解説

α-グリセリルホスホリルコリン (α-GPC)とは?

α-グリセリルホスホリルコリン (α-GPC)は大豆や他の植物に含まれる脂肪酸が分解されるときに放出される化学物質です。薬として使われています。

ヨーロッパではα-GPCはアルツハイマー病の処方薬です。α-GPCは2つの形態で入手できます: 口から服用するものと注射するものです。アメリカではα-GPCはサプリメントでしか入手できず、殆どが記憶の改善を促進するための製品です。

α-GPCの他の用途には様々な種類の認知症、脳卒中、「ミニ卒中」(一過性脳虚血発作、TIA)の治療が含まれます。α-GPCは記憶、思考の能力、学習能力の改善にも使われます。

どのように働くのか?

α-GPCはアセチルコリンと呼ばれる脳内の化学物質を増やします。この脳内化学物質は記憶と学習機能に重要です。

用法と効果

十分な証拠がないもの

  • アルツハイマー病。進行中の研究によると1,200ミリグラムのα-GPCを毎日摂取すると3~6ヶ月の治療後にアルツハイマー病の患者の思考能力が非常に改善されたとのことです。 
  • 認知症。一日に1,000ミリグラムのα-GPCを注射すると行動、気分、思考能力などの血管(多発梗塞)認知症の症状が改善される可能性があります。この研究を行った研究者は処方箋でしか手に入らない形態のα-GPCを使用しましたが、これはアメリカでは入手できません。 
  • 脳卒中及び「ミニ脳卒中」(一過性脳虚血発作、TIA)。脳卒中とTIAの患者で脳卒中かTIAが起きた後10日以内にα-GPCを服用した人はより良い回復を見せています。初期研究によると1,200ミリグラムのα-GPCを毎日28日間注射し、その後400ミリグラムのα-GPCを一日に3回(1日あたり1,200ミリグラム)口から6ヶ月与えると、思考能力がさらに回復し、よりよく機能するようになったとのことです。 
  • 記憶の改善 
  • 思考能力の改善 
  • 学習能力の改善 
  • その他の状態 


これらの用途のα-GPCの効果を評価するにはより多くの証拠が必要です。

副作用と安全性

α-GPCは正しく使用すれば安全なようです。胸やけ、頭痛、不眠症、めまい、発疹、混乱と言った副作用を引き起こす可能性があります。

特別な予防措置と警告

妊娠中と授乳中: 妊娠中と授乳中のα-GPCの使用については十分知られていません。安全を重視し、使用を避けてください。

相互作用

あまり起きない相互作用

この組み合わせに注意してください。

  • スコポラミン(Transderm Scop)はα-GPCと相互作用します。 


α-GPCはアセチルコリンと呼ばれる脳内の化学物質を増やします。スコポラミンは同じ化学物質をブロックします。しかしながら、α-GPCがスコポラミンの効果を減らすかどうかはわかっていません。

用量

α-GPCの適切な用量は年齢、健康状態などの状態に依存します。今の所、α-GPCの適切な用量の範囲を決める科学的な情報はありません。自然から作られる製品は常に安全ではなく用量が重要であることを忘れてはいけません。商品ラベルの支持に従い、薬剤師や主治医、その他の医療のプロフェッショナルに使用前に相談するようにしてください。

Powered by Froala Editor

  • 記事をシェア

この記事のライター

alloeh編集部

関連商品

関連記事