ウコン(ターメリック)とは?エビデンスをもとに効果や副作用を解説

alloeh編集部

最終更新日:2020/05/07

アマ (亜麻)ウコン(英名:ターメリック)成分解説

ウコン(ターメリック)とは

ウコン(英名:ターメリック)とは、ターメリック、インディアンサフランやゴールデンスパイスとも呼ばれる アジアや中央アメリカで生育する背の高い植物です。

私たちがキッチンのスパイス用の戸棚で目にするウコン(ターメリック)は、植物の根茎を挽いて粉末状にしたものです。その明るい黄色は、多くの文化において染料として長らく使われてきました。粉末状にしたウコン(ターメリック)はカレー粉の代表的な材料でもあります。商業的に販売されているウコン(ターメリック)製品には、カプセルやお茶、パウダー、抽出成分などがあります。

クルクミンはウコン(ターメリック)の有効成分で、とてもパワフルな働きをします。アーユルヴェーダ医学、つまりインドの伝統的な治療システムにおいて、ウコン(ターメリック)は様々な健康状態の人に対して推奨されています。それにはは慢性的な痛みや炎症も含まれます。西洋医学は、痛みを緩和したり、癒したりする手段としてウコン(ターメリック)について研究し始めました。

ウコン(ターメリック)があなたの健康にどのような効果を持つか、同様に悪い作用はなんなのか、記事を読み進めてさらに発見してみましょう。

ウコン(ターメリック)の良い効果

抗炎症剤として

関節炎財団はウコン(ターメリック)が炎症を抑える働きをすることにまつわるいくつかの研究に言及しています。

それによると、ウコン(ターメリック)が持つ抗炎症作用は、関節炎を患っている人たちの症状の悪化を防ぐ可能性があるということです。

協会は1日に3回、400~600mgのウコン(ターメリック)が入ったカプセルを摂るよう推奨しています。

痛みを解放する

医者を含む多くの人たちが、鎮痛剤としてのウコン(ターメリック)の使用の事例となる経験について言及しています。
このスパイスは関節痛と同様に痛みを緩和すると考えられているのです。

研究では、ウコン(ターメリック)は痛みの軽減に役立ちます、ある研究では膝の関節炎を患っている人たちに投与するアードビルのイブプロフェンと同様に働くと見られています。

ただ、その研究に参加した人たちのような状態を改善するには、800mg入りのウコン(ターメリック)のカプセルを毎日摂取することが推奨されます。

肝臓の機能を改善する

ウコン(ターメリック)はその抗酸化作用で近年、高い注目を集めています。

ウコン(ターメリック)の抗酸化作用はとても強く、毒素による肝臓のダメージを食い止める可能性があります。
これは糖尿病の強い薬を摂取している人や長らく肝臓を患っている人にとって良い知らせとなるでしょう。

がんのリスクを減らす

クルクミンはがん治療薬としても見込みがあります。研究では、すい臓がんや前立腺がん、多発性骨髄腫などから守る効果があることに言及されています。

消化を助ける

ウコン(ターメリック)がカレー粉に使われている理由の一つは、食事をおいしくするという味の側面です。

しかし、ウコン(ターメリック)は消化においても重要な働きをすることがわかっています。
抗酸化や抗炎症作用により、ウコン(ターメリック)は健康的な消化にも一役買っているのです。

アーユルヴェーダ医学では、ウコン(ターメリック)は消化治療薬として使われます。
今や西洋医学においても、消化に関わる二大要素である腸の炎症や透水性をウコン(ターメリック)がどのように癒すのか研究が進められています。

ウコン(ターメリック)は過敏性腸症候群の治療薬としても調査されています。

ウコン(ターメリック)の悪い作用

胃の調子を悪くする

ウコン(ターメリック)が消化を促す要因でもあるその物質は、大量に摂取するとイライラを引き起こす可能性があります。
研究に参加した数人の被験者は、彼らの生姜力が非常に悪い影響を受けたためがんの治療にウコン(ターメリック)を使用することを諦めなければなりませんでした。
ウコン(ターメリック)は胃を刺激し、多くの胃酸が発生します。これが人々の消化を助ける一方、ある人々には適合しない可能性があるのです。

血液を薄める

ウコン(ターメリック)の浄化能力は、血流をよりスムーズにする力があります。これがなぜ起こるのか、その理由は明らかではありません。
その他のよい効果は、コレステロール値や血圧を下げたりすることですが、おそらくウコン(ターメリック)の何かしらの作用が血液に関係しているのでしょう。

クマディンのワルファリンのような抗血液凝固剤を摂取している人は、ウコン(ターメリック)を大量に摂取することは避けるべきです。

子宮の収縮を起こす

あなたは今までに、カレー風味の食べ物を食べることは陣痛を促すと聞いたことがあるかもしれません。
この主張を裏付ける臨床データはわずかですが、研究ではPMSの症状を和らげると言及しています。

ですからこれは、取るに足らない迷信かもしれません。

ただ、血液を薄める作用だけを考慮しても、妊婦はウコン(ターメリック)の摂取を避けたほうがいいでしょう。
スパイスとして少量摂る程度なら問題にはなりません。

まとめ

ウコン(ターメリック)を食生活に加えることでの健康効果をたくさん見てきました。
この黄金のスパイスは免疫の働きを助け、痛みを和らげ、消化を助け、さらに多くの効果があります。

しかし、いくつかの副次的な作用もあるので、ある人々にとっては好ましくないかもしれません。

ウコン(ターメリック)があなたにとって試す必要があるものかどうか決めるときは注意してください。
治療の選択肢だったとしても、あなたの症状を改善するために使用する前に、かかりつけ医に相談しましょう。

もしあなたがウコン(ターメリック)やクルクミンの補助食品を購入したいなら、インターネット上には数千というレビューを持った素晴らしいオンラインショップがあります。

Powered by Froala Editor

  • 記事をシェア

この記事のライター

alloeh編集部

関連商品

関連記事