ナズナとは?エビデンスをもとに効果や副作用を解説

alloeh編集部

最終更新日:2020/05/18

ナズナとは?

ナズナとはシャミセンバナと呼ばれ、世界中の温暖な気候で育つ植物です。いくつかの症状、特に過度の出血を伴う漢方薬として使用されます。

ナズナをお茶やチンキ剤として傾向で摂取するが、クリームや軟膏の形で肌に塗ってください。ナズナの利点とその使用方法の詳細については続きを読んで詳細をご覧ください。

利点とは何ですか?

月経

ナズナはその抗出血特性で最もよく知られています。何世紀にもわたって女性はそれを使ってそれを使って月経周期の重度や長さ、また周期間の出血を減らしてきました。一部の女性ではそれが周期中の月経出血を完全に排除されると記されています。また他の人は月経痛に起因する痛みを軽減するのに使っています。一部の女性にはナズナが月経出血や痙攣に役立つことが分かっています。これらの主張を裏付ける研究はありません。

受胎能力

ナズナは生殖能力を高めるといわれています。民間医学の開業医はまだ受胎能力のために推奨することもあるようですが既存の研究はこの利点をまだ確認していません。 実際1955年に実施された動物実験では乾燥ナズナを多く含ませた餌を食べた雌マウスの排卵率が低く、一時的な不妊症であることが分かりました。 (参考) 低いレベルのナズナを食べたマウスは不妊にはなりませんでした。これは、ナズナの大量摂取は生殖能力に悪影響を及ぼすだけであることを示唆しています。ナズナが生殖能力に及ぼす影響を完全に理解するにはさらなる研究が必要です。妊娠を考えている時にはこのハーブの効果は判明していなく妊娠能力をも妨げる可能性があります。

産後出血

2017年の調査ではナズナは出産後に女性が500ml以上の血液を失ったときに起こる産後出血の減少に伴う効果があるということが分かっています。 (参考) 調査の間、ハーブを摂取した女性は産後の出血が少なかったです。これらの結果は有望ですが出産したばかりの女性に最も安全で最も効果的な投与量をよりよく理解するにはさらなる研究が必要です。 (参考

がん

ナズナには出血を減らすことに加えてがんと闘う性質もあるかもしれません。2013年の研究ではナズナが人の口腔がん細胞の成長を遅くする可能性が示唆されています。 (参考) さらに研究が必要ですが、ナズナのがんと闘う初期の研修に関しては有望です。

炎症と感染

2014年の調査によると、ナズナにはスルフォラファンと呼ばれる化合物が含まれており、この化合物が治癒特性の一部を担っている可能性があります。 (参考) この研究はスルフォラファンが炎症を制御することに役立ち、多剤耐性菌に対して有効である可能性があることを示唆しています。

軽傷、咬傷、火傷

ナズナの抗炎症および抗菌特性は小さな傷の治療にも役立ちます。例えば2007年の研究では家畜動物の傷やケガの効果的な治療法である可能性があることが分かりました。葉湿布を作るためにも利用できます。葉を温かく湿った布に束ねて傷口に直接当てて治療を助けることができます。

他の利点

ナズナはいくつかの利点のみが正式な研究によって評価されていますが、それがまた助けになるかもしれないという逸話的な証拠があります。

  • 頭痛
  • 膀胱感染症(参考)
  • 静脈瘤(参考)
  • 下痢を含む消化器系の問題(参考)
  • 便秘
  • のどの痛み
  • 下痢

ナズナを使用するにはどうしたらよいですか?

ナズナはお茶のかたちで飲むことができ、オンラインで購入できますし、いくつかの健康食品店でも購入できます。1日1杯飲むことから始め、身体がどのように反応するかを確認します。副作用を感じない場合には1日4杯まで飲み始めることができます。 ナズナは水やほかの飲み物で飲用できるチンキの形でもあります。健康食品店やオンラインでも見つけられます。コップ1杯の水に1日2~3回、30~40滴を加えます。推奨量はメーカーによって異なる可能性があるため製品に付属の説明書を確認することをおすすめします。肌にはナズナが入ったクリームまたは軟膏を使用することもできます。患部に使用する前に掌か腋の内側で皮膚パッチテストを行ってください。

副作用はありますか?

ナズナは天然のハーブですが、それでもアレルギー反応を含む副作用を引き起こす可能性があります。 (参考) また、特定の薬と相互作用する可能性もあり得ます。さらにハーブ製品はFDAによって特別に監視されていないため品質が低かったり汚染物質が含まれている場合があります。ナズナは強力なハーブですので使用前には医師と使用について話し合うべきです。 ナズナを初めて使用する場合には反応が起こらないように少量から始めてください。多くの人がナズナにアレルギーを持っています。

ナズナに対するアレルギー反応の兆候は以下の通りです。

  • 呼吸困難
  • のどや胸部の水疱
  • 蕁麻疹
  • 発疹
  • 痒み

他の考えられる副作用

  • 胃のむかつき
  • 甲状腺機能の変化
  • 血圧の変化
  • 心拍数の変化や動機

利用すべきでない人は?

ナズナは血液を凝固させることで出血を止めるのに役立てます。ワルファリン(クマリン)などの血液サラサラの薬を服用したり心臓発作の既往歴があるある場合は使用しないでください。

また、次のものがある場合にはナズナの使用を避ける必要があります。

  • 高血圧
  • 甲状腺の状態(参考
  • 心臓病

妊娠中または授乳中の場合、使用しないでください。ナズナは体の凝血能力を変化させるため、手術2週間以内などには避ける必要もあります。鎮静剤とは混ぜないでください。 さらに牡蠣症状がある場合にはナズナ使用前に医師に相談してください。

  • 腎臓結石
  • 腎臓病
  • 血管疾患
  • あらゆる種類の心臓病

まとめ

ナズナは多くの潜在的な利点がありますが、人間での有効性を評価する研究はほとんどありません。使用してみたい場合は医師に相談して根本的症状を確認し、服用している薬と相互作用しないようにしてください。あなたの身体がどのように反応するかわかるまで少量の服用から始めてください。お茶1杯または水1杯に20滴のチンキ剤です。

Powered by Froala Editor

  • 記事をシェア

この記事のライター

alloeh編集部