アセスルファムカリウムとは?エビデンスをもとに効果や副作用を解説

alloeh編集部

最終更新日:2020/05/22

アセスルファムカリウム成分解説

アセスルファムカリウムとは?

アセスルファムカリウムは砂糖の200倍甘いのですが、あまり良い評判がありません。

アセスルファムカリウムまたはAce-Kとして知られているこの成分は糖分フリーの食品に含まれるカロリーゼロの甘味料です。
少し苦い後味のある白い結晶の粉末で、その味から(""Splenda""に含まれる)スクラロースや(""Equal""に含まれる)アスパルテームとよく一緒に使われます。

Ace-Kはソフトドリンクや、プロテイン、粉末ジュース、冷凍デザート、焼き菓子、キャンディ、ガム、卓上甘味料に含まれます。
アメリカ食品医薬品局(FDA)は1998年にAce-Kの使用をソフトドリンクに対して認め、消費者が目にする機会が増えています。

FDAに安全だと考えられていますが、健康に悪影響を与える可能性があると信じる人もいます。

アセスルファムカリウムは安全なのか?

Ace-Kに対する安全性の評価は1970年代に初めて行われました。
ラットを使ったこれらの研究により、Ace-Kに発がん性がある可能性が示されました。
しかし、研究の有効性は長年疑問を呈されています。Ace-Kの悪評を作った安全性の研究には、ランダム化の欠陥、動物管理の不備、不適切な研究期間など、いくつかの欠点が指摘されています。

しかし、これらの研究結果についての議論はまだ結論が出ていません、
1996年には公益科学センター(CSPI)がFDAに対し、ソフトドリンクへのAce-Kの添加を許可する前に追加の実験を要求しました。
CSPIは、1970年代の初期の安全性評価に欠点はありますが、現在の研究がAce-Kの安全性を証明しているわけではないと主張している機関の一つです。

アセスルファムカリウム(Ace-K)の危険性に関するエビデンス

CSPIは初期の研究に欠陥はあるが、Ace-Kとがんに関連があると指摘しています。
動物実験ではアセトアセトアミド(体内でAce-Kが分解されるとできます)と呼ばれる化合物が、甲状腺にダメージを与える可能性があるというエビデンスを示しています。

最後に、ある研究ではAce-Kを長期的に使用したオスのマウスで脳の機能に変化をきたす可能性があると報告しています。

しかし、CSPIと他の見解に相違があり、FDAやEUの消費者保護機関はAce-Kは安全であると主張しています。

知ることと避けること

もしあなたが、賛否分かれる食品添加物の話になったときに、「備えあれば憂いなし」という考え方をするなら、Ace-Kを避けるのが良いでしょう。

購入した食品や飲料のラベルを見れば、どんな甘味料が入っているか知ることができます。
FDAによれば、アセスルファムカリウム、アセスルファムKやAce-Kなどと表示されているとのことです。
""Sunnett""やSweet One""というブランド名の下に表示されていることもあります。

砂糖ではない甘味料なので、無糖や微糖の製品に多く含まれています。ダイエットソーダはAce-Kと他の人工甘味料が組み合わせて使用されていることもあります。

Powered by Froala Editor

  • 記事をシェア

この記事のライター

alloeh編集部

関連商品

関連記事