ベニバナとは?エビデンスをもとに効果や副作用を解説

alloeh編集部

最終更新日:2020/05/15

はじめに

はじめに 植物の1種であるベニバナです。花と種子の油は薬として使用されています。

ベニバナ油は、動脈硬化(アテローム性動脈硬化症)や脳卒中などの心臓病を予防するためにしばしば摂取されます。また、発毛の増加、発熱の治療、および減量、糖尿病、腫瘍、咳、呼吸障害、凝固状態、痛み、冠状動脈性心臓病、胸痛、その他の用途にも使用されます。

女性の中には、月経不順または生理痛の際、または月経を刺激するために、ベニバナ油を摂取することがあります。しかし、ベニバナは流産を引き起こしてしまう可能性があります。

傷跡やストレッチマークを軽減させるためにベニバナ油を肌に塗布することもあります。

ベニバナの花の成分であるベニバナ黄色素は、狭心症と脳卒中のために静脈に注入されます。

食品では、ベニバナ油が食用油(サフラワー油)として使用されています。

またベニバナの花は化粧品の染色や布地の染色にも使用され、ベニバナ油は塗料溶剤として使用されます。

ベニバナの機能

ベニバナ油に含まれるリノレン酸とリノール酸は、動脈硬化を防ぎ、コレステロールを下げ、心臓病のリスクを減らすのに役立ちます。また血栓を防ぎ、血管を広げ、血圧を下げる機能、そして心臓を刺激する化学物質が含まれています。

ベニバナの用途と効果

ベニバナの用途と効果

効果があるとされるもの

  • 高コレステロール:一部の研究では、ベニバナ油を栄養補助食品として摂取するか、食事で他の油に置き換えることにより、総合的および低密度のリポタンパク質(悪玉コレステロール)の低下に役立つことが示されています。ただし、トリグリセリドが他の血液脂肪を下げたり、高密度リポタンパク質(善玉コレステロール)を上げたりすることはないようです。 


効果がないとされるもの

  • 2500g未満の体重で生まれた乳児:一部の研究は、ベニバナ油製品を乳児用調製粉乳または母乳に追加しても、低出生体重児の体重増加または皮膚の厚さは改善されないことが分かっています。 


さらに研究が必要とされるもの

  • 狭心症:初期の研究では、ベニバナの成分であるベニバナ黄色素をIVで胸痛に対する薬と一緒に投与したところ、被験者であった中国人の胸の痛みをわずかに改善させたことが分かっています。 
  • 嚢胞性線維症:初期の研究によると、ベニバナ油を1年間摂取しても、テストマーカーや子供の嚢胞性線維症の重症度は改善されませでした。 
  • 糖尿病:初期の研究によると、ベニバナ油を3週間摂取すると、2型糖尿病患者の血糖値が上昇する可能性があります。しかし、他の研究では、ベニバナ油を16週間摂取すると、糖尿病で閉経後の女性の空腹時血糖値に影響を与えずにヘモグロビンA1cが減少することが分かっています。ベニバナ油は、インスリンレベルやインスリン感受性に影響を与えないようです。 
  • 家族性高コレステロール血症:遺伝的な高コレステロールの治療におけるベニバナ油の効果についての証拠は矛盾しています。いくつかの初期の研究は、食物バターをベニバナ油で置き換えることで、低密度リポタンパク質(悪玉)コレステロールが減少したことが分かっています。しかし、その他の研究では有益な効果は示されていません。 
  • C型肝炎:初期の研究では、ベニバナ、カボチャの種、オオバコの種、および日本のスイカズラ(EH0202)を含む特定の製品を3か月間摂取すると、C型肝炎患者の全般的な不快感、膨満感、吐き気、嘔吐が軽減することが分かっています。ただし、体内に存在するC型肝炎ウイルスへの影響はないようです。 
  • 高血圧:血圧へのベニバナ油の影響についての証拠は矛盾しています。一部の初期の研究では、ベニバナ油を6〜8週間摂取すると、高血圧の人の血圧が低下することが分かっています。しかし、他の研究ではベニバナ油が血圧を下げるのに効果的でないことを示唆しています。 
  • ビタミンA欠乏症:初期の研究では、ビタミンEとリノール酸を含むベニバナ油を8週間以上摂取すると、ビタミンA欠乏症の人の皮膚の乾燥と荒れを改善できることが分かっています。 
  • 瘢痕(できものや傷などが直った後に皮膚面に残ること):ベニバナと他の油の混合物を1日に2回8週間皮膚に塗布すると、瘢痕やストレッチマークが目立たなくなる可能性があります。 
  • 脳卒中:初期の研究によると、脳梗塞を起こしてから72時間以内にIVでベニバナの成分であるベニバナ黄色素の投与を1日に1回2週間、標準的な脳卒中治療薬と併用すると、脳機能が改善する可能性が高まることがわかっています。 
  • 妊娠中絶 
  • 血液循環障害 
  • 呼吸管の問題 
  • 便秘 
  • 咳 
  • 熱 
  • 月経障害 
  • 疼痛 
  • 外傷 
  • 腫瘍 
  • その他の症状 


これらの用途に対するベニバナの有効性を評価するには、より多くの研究が必要です。

副作用と安全性

副作用と安全性

経口摂取した場合:ベニバナ油は食品として摂取する場合は非常に安全であると言えます。

皮膚に使用した場合:ベニバナ油は皮膚に塗布した場合に非常に安全です。

IVの場合:特定のベニバナ油を乳剤として医療専門家によって投与された場合、ベニバナ油は安全でしょう。

注意する点

妊娠と授乳:妊娠中にベニバナ花を服用しないでください。ベニバナ花は恐らく危険です。これらは月経を促し、子宮を収縮させ、流産を引き起こす可能性があります。また、母乳で育てるときにベニバナ油または花が安全であるかどうか、またはどういった副作用があるのかを把握できる十分な情報は現在ありません。そのため、使用を避けることをお勧めします。

子供への使用:特定のベニバナ油を乳剤として医療専門家によって投与された場合、ベニバナ油は安全でしょう。また、ベニバナ花が安全であるかどうか、またはどういった副作用があるのかを把握できる十分な情報は現在ありません。

出血の問題(出血性疾患、胃または腸の潰瘍、または凝固障害):ベニバナは血液凝固を遅らせ、出血障害のある人の出血のリスクを高める可能性があります。

ブタクサおよび関連植物に対するアレルギー:ベニバナはキク科/キク科に敏感な人にアレルギー反応を引き起こす可能性があります。この種の植物には、ブタクサ、菊、マリーゴールド、ヒナギク、および他の多くの植物が含まれます。アレルギーがある場合は、ベニバナを服用する前に必ず医師に相談してください。

糖尿病:ベニバナ油は血糖値を高める可能性があります。ベニバナ油は糖尿病の人の血糖コントロールを妨げる懸念があります。

手術:ベニバナは血液凝固を遅らせる可能性があるため、手術中および手術後に出血のリスクが高まることが懸念されます。予定された手術の少なくとも2週間前にベニバナの使用を控えてください。

相互作用

相互作用

この組み合わせには注意してください。

  • 抗凝固薬または抗血小板薬(血液凝固を遅らせる薬物)はベニバナと相互作用します。 
  • ベニバナが大量にあると、血液の凝固が遅くなることがあります。 ベニバナと一緒に凝固を遅らせる薬物を服用すると、あざや出血の可能性が高まる可能性があります。血液凝固を遅らせるいくつかの薬には、アスピリン、クロピドグレル(プラビックス)、ジクロフェナク(ボルタレン、カタフラム、その他)、イブプロフェン(アドビル、モトリン、その他)、ナプロキセン(アナプロックス、ナプロシン、その他)、ダルテパリン(フラミン)、エノキサパリン(ロベノックス)、ヘパリン、ワルファリン(クマディン)などがあります。  


摂取量について

摂取量について 以下の用量が科学的研究で研究されています。 成人の経口摂取の場合 高コレステロールの場合:一部の飽和脂肪の代わりにベニバナ油を含む食事は、最大6週間使用されています。

Powered by Froala Editor

  • 記事をシェア

この記事のライター

alloeh編集部