チャービルとは?エビデンスをもとに効果や副作用を解説

alloeh編集部

最終更新日:2020/05/23

チャービル

別名: アンスリスカスセレフォリウム、アンスリスカスロンギロストリス、セレフォリオ、セルフォイユ、セルフォイユコミューン、セルフォイユカルティベ、セルフォイユデジャーディンス、ガーデンチャービル、エルベアイグリー、ペリフォリオ、ペルシルダネー、ペルシルダニス、サラダチャービル、スキャンディックスセレフォリウム

概要

チャービルはハーブです。葉や乾燥した花の部分、果汁を製薬に使います。 チャービルは、むくみや咳、消化不良、高血圧に使われてきました。 新鮮なチャービルの絞り汁は、痛風、感染症ポケット(膿瘍)、湿疹等の皮膚の異常に使用されます。

食品や飲料においては、チャービルは香料として使用されています。

作用機序は?

チャービルはカルシウムとカリウムの良い源です。チャービルが体にどのように作用するかについての十分な情報はありません。

用法

用法

下記の症状への使用について、十分なエビデンスはありません。

  • 咳  
  • 消化器疾患  
  • 高血圧 
  • 湿疹 
  • 痛風 
  • 感染症のポケット(膿瘍) 
  • その他の症状 


これらの症状に対するチャービルの有効性を評価するには、より多くのエビデンスが必要です。

副作用

副作用と安全性

チャービルとチャービルエキスは、食事の量では安全であると考えられています。しかし、薬用量で安全かどうかについては、十分な情報がありません。

注意事項と警告

妊娠中と授乳中の方:妊娠中の方は、チャービルを薬用として使用することは安全ではありません。胎児の遺伝子に変化(突然変異)を引き起こす可能性のある化学物質が含まれています。

相互作用

チャービルの相互作用については十分な情報がありません。

服用量

チャービルの適切な服用量は使用者の年齢、健康状態と様々な他の条件といったいくらかの要素に依拠しています。現時点では、チャービルの適切な服用量の幅を決定する科学的な情報はありません。自然の産物は常に必ずしも安全ではないということと、服用量が重要になりうることを気に留めておいてください。必ず製品ラベルの適切な指示に従い、使用前には薬剤師や医師、もしくは他の医療の専門家に相談してください。

Powered by Froala Editor

  • 記事をシェア

この記事のライター

alloeh編集部