タイマツバナとは?エビデンスをもとに効果や副作用を解説

alloeh編集部

最終更新日:2020/05/23

タイマツバナ原材料解説

タイマツバナ

別名:ビーバーム、ブルーバーム、ローバーム、モナルダ、モナルダ・ジディマ、モナルデ・エカーレーテ、モナルデ・エシェベレー、マウンテンバーム、マウンテンミント、スカーレット・モナルダ、テ・デ・オスウィゴ、テ・ド・オスウィゴ

概要

概要

タイマツバナは植物から作られます。人々はそのお茶を薬として使ってきました。

タイマツバナをガスを含む消化不良のために使ってきました。また、発熱、痙攣、むくみを解消するためにも使われています。

女性は月経前症候群(PMS)治療にも使います。

レモンバームとともにブレンドされたタイマツバナ茶もビーバームと呼ばれていますが、混同しないようにしてください。

作用機序は?

タイマツバナがどのように人体の作用しているのかについての十分に信頼できる情報はありません。

用法

用法と効果

下記の症状に用いるには十分なエビデンスがありません。

  • 消化不良 
  • ガス 
  • 月経前症候群(PMS) 
  • 痙攣 
  • むくみ 
  • 発熱 
  • その他の症状 


タイマツバナのこれらへの効果を判定するにはより多くのエビデンスが必要となります。

副作用

副作用と安全性

タイマツバナが安全か、また副作用として何が起こりうるのかということを知るために十分なで信頼性のある化学的な情報はまだありません。

事前の注意と警告

妊婦と授乳中の方:あなたがもし妊婦ならば、タイマツバナを服用するのは安全ではありません。もしあなたが妊娠していたら、流産になる可能性があります。また、授乳中でもタイマツバナを服用するのは避けるべきでしょう。タイマツバナがどのように保育中の幼児に採用するのかについてまだ十分に知られていません。

相互作用

相互作用 タイマツバナの相互作用についての情報はありません。

服用量

服用量 タイマツバナの適切な服用量は使用者の年齢、健康状態と様々な他の条件といったいくらかの要素に依拠しています。現時点では、タイマツバナの適切な服用量の幅を決定する科学的な情報はありません。自然の産物は常に必ずしも安全ではないということと、服用量が重要になりうることを気に留めておいてください。必ず製品ラベルの適切な指示に従い、使用前には薬剤師や医師、もしくは他の医療の専門家に相談してください。

Powered by Froala Editor

  • 記事をシェア

この記事のライター

alloeh編集部

関連商品

関連記事