サプリ相談/お得情報はこちら

LINEで開く

ディルとは?エビデンスをもとに効果や副作用を解説

Written by alloeh編集部

最終更新日:

はじめに

ディル(学名:Anethum graveolens)は、ヨーロッパ料理やアジア料理で広く使用されるハーブです(参考)。

ディルウィードとも呼ばれるこの植物には、細い茎があり、茎には細かく裂開した柔らかな葉が互生し、枝先に白か黄色の小さな花を傘状に咲かせ、その後楕円形で扁平な種ができます。葉は甘くて草っぽい味がしますが、ディルの種はよりアロマが強く、キャラウェイの種に似たわずかな柑橘系の味がします。

ハーブやスパイスとして、ディルは一般的にさまざまな料理の味を高めるために使用されます。サーモン、ポテト、ヨーグルトベースのソースとよく組み合わせられます。

料理用に加えて、ディルはいくつかの栄養素が豊富で、伝統的に消化器系の問題、乳児の疝痛、口臭などのさまざまな病気の治療に使用されてきました(参考)。

この記事では、ディルの栄養、ヘルスベネフィット及び料理に使用する方法について説明します。

ディルの栄養価

生のディル1カップ(9グラム)当たりの栄養価:

カロリー 4 kcal
ビタミンC DVの8%(DV:Daily Value 1日当たりの必要量)
マンガン DVの5%
ビタミンA DVの4% 
葉酸 DVの3% 
DVの3% 


ディルはカロリーが非常に低いですが、ビタミンC、マンガン、ビタミンAが豊富です。

ビタミンAは、視力の維持と健康な免疫システムのサポートに重要な必須栄養素です。また、男性と女性の生殖にも役割を果たします(参考1参考2)。

同様に、ビタミンCは免疫システムに不可欠であり、骨形成、創傷治癒、および代謝に影響する栄養素です(参考1参考2)。

さらに、フリーラジカルと呼ばれる不安定な分子によって引き起こされる損傷から細胞を保護するのに役立つ強力な抗酸化物質であることが示されています(参考1参考2)。

ディルはマンガンの良い供給源でもあります。必要量は非常に少ないですが、マンガンは脳、神経系の正常な機能及び砂糖と脂肪の代謝をサポートする必須ミネラルです(参考)。

さらに、生のディルは、カルシウム、銅、マグネシウム、カリウム、リボフラビン、亜鉛をDVの1〜2%含んでいます(参考)。

ただし、ディルは通常1カップ(9グラム)よりも少ない量しか摂取されないので、食品に添加することで得られる栄養素の量はかなり少なくなります。

同様にディルの種子は多くの栄養上の利点があります。大さじ1杯(6.6グラム)の種子は、カルシウムをDVの8%、鉄をDVの6%、マグネシウム、マンガン、リン、およびカリウムをDVの1〜5%含んでいます(参考)。

💡 POINT

生のディルはカロリーが低いですが、ビタミンC、マグネシウム、ビタミンAなど、多くの必須栄養素の優れた供給源です。


ディルのメリット

ディルは古い北欧語の「dilla」(落ち着くことを意味する)に由来しており、古くから乳幼児の疝痛の治療や消化器疾患の治療、母乳育児の手助けに使用されてきました(参考)。

これらの伝統的な用途は研究による根拠はありませんが、ディルは潜在的なヘルスベネフィットを持っていることが示されています。

抗酸化物質が豊富

抗酸化物質は、フリーラジカルと呼ばれる不安定な分子によって引き起こされる損傷から細胞を保護するのに役立つ天然化合物です(参考)。

抗酸化物質が豊富な食品を摂取すると、慢性炎症を軽減し、心臓病、アルツハイマー病、関節リウマチ、特定の形態の癌などの特定の状態を予防または治療できる可能性があることが研究により示唆されています(参考1参考2)

ディルの種子と葉両方に含まれる抗酸化物質(参考1参考2):

  • フラボノイド:心臓病、脳卒中、およびいくつかの形態の癌のリスク低下と関連しています。また、脳の健康に重要な役割を果たす可能性があります(参考1参考2参考3)。 
  • テルペノイド:エッセンシャルオイルに含まれており、肝臓、心臓、腎臓、脳の病気に効果があります(参考1参考2)。  
  • タンニン:多くの植物性食品の苦味の元ですが、抗菌効果だけでなく、強力な抗酸化作用を持つことが示されています(参考)。 


さらに、ディルはビタミンCが豊富で、強力な抗酸化作用があることも示されています(参考1参考2)。

心臓の健康に関する効果

心臓病は世界中で主要な死因です。ただし、世界保健機関は、貧しい食生活、喫煙、運動不足などの危険因子を減らすことで、心臓病の症例の約75%を予防できると推定しています(参考1参考2)。

心臓病のその他の危険因子には、高血圧、トリグリセリド及びLDL(悪玉)コレステロール値、ならびに慢性炎症が挙げられます(参考1参考2)。

ディルに含まれるフラボノイドは、強力な抗酸化作用と抗炎症作用により、心臓の健康を保護することが示されています(参考)。

さらに、動物を用いた実験により、ディル抽出物にはコレステロール及びトリグリセリドレベルを低下させる作用がある可能性があることが示唆されています。しかし、ヒトを用いた研究結果はより複雑です(参考1参考2)。

総コレステロールとトリグリセリドのレベルが高い91人を対象とした臨床研究では、毎日6個のディルエキスタブレットを2か月間服用すると、総コレステロールとトリグリセリドのレベルが大幅に改善されましたが、HDL(善玉)コレステロールレベルは変化しませんでした(参考)。

一方、コレステロールとトリグリセリドのレベルが高い150人を対象とした別の臨床研究では、6週間毎日のディルタブレットの摂取しましたがコレステロール又はトリグリセリドのレベルに有意な変化は見られませんでした(参考)。

ただし、心臓の健康に対するディルの影響を調べる研究ではその抽出物を使用していることに注意することが重要です。食事で摂取する生の又は乾燥したディルが心臓の健康にどのように影響するかは不明です。

ディル抽出物中の抗酸化物質は心臓の健康全体に利益をもたらす可能性がありますが、コレステロールとトリグリセリドのレベルに対するディルの有効性を評価するには、ヒトでのより多くの研究が必要です。

血糖値を下げる可能性

血糖値が慢性的に高いと、インスリン抵抗性、メタボリックシンドローム、Ⅱ型糖尿病の原因となります(参考)。

ディルは血糖値を下げる効果があることが示唆されています(参考)。

実際、糖尿病の動物を対象としたいくつかの研究では、ディル抽出物を摂取すると空腹時血糖値が大幅に向上することが示されています。しかし、ヒトに対する研究は限られています(参考1参考2)。


抗がん作用に関する効果

モノテルペンは、抗癌、抗ウイルス、抗真菌及び抗炎症特性に関連する植物化合物であるテルペンの1種です(参考1参考2)。

一般的にディルのような植物のエッセンシャルオイルに含有されており、抗癌作用と関係があるとされています(参考)。

具体的には、d-リモネンはモノテルペンの一種ですが、研究により、肺癌、乳癌及び結腸癌の予防と治療に役立つ可能性があることが示されています(参考1参考2参考3)。

ディルはモノテルペン、特にd-リモネンが多いので、抗がん作用があるかもしれません。しかし現状、がんのリスク又は治療に対するディル抽出物の有効性に関する研究はありません。

その他の潜在的なメリット

ディルは、以下の方法でも健康的な効果をもたらす可能性があります。

抗菌性

ディルのエッセンシャルオイルには、Klebsiella pneumoniaeやStaphylococcus aureuswを殺す作用が報告されています(参考1参考2参考3)。 

骨の健康

ディルには、カルシウム、マグネシウム、リンが含まれています。これらはすべて、骨の健康(参考)。  

月経痛

ディルのエッセンシャルオイルは、生理中の痛みを和らげるのに役立ちます。ただし、根拠は限られており他のハーブとの相乗効果である可能性があります(参考1参考2)。 

💡 POINT

ディルは、心臓病や特定の形態の癌に対する保護等、健康に多くの利点をもたらす可能性のある植物性化合物が豊富に含まれています。さらに、血糖値を下げる可能性もありますが、さらなる研究が必要です。


ディルの安全性・副作用

ディルは普通に摂取する分には安全です。ただし、まれに、アレルギー反応、嘔吐、下痢、口のかゆみ、舌の赤い隆起、喉の腫れが起こることがあります(参考)。

安全性に関する研究が限られているため、妊娠中や授乳中にサプリメントや抽出物を摂取することは避けましょう。

💡 POINT

アレルギー反応を引き起こす可能性があるまれな場合を除いて、ディルを料理で使用することは安全であるとされています。しかし妊娠中又は授乳中の女性はサプリメントや抽出物を摂取することは避けましょう。


ディルの用途

ディルは、簡単に料理に加えることができる風味豊かなハーブです。

生のディルを使用するいくつかの料理方法を示します。

  • スープやロースト野菜の付け合わせに。
  • 刻んでサラダに加える。
  • 魚料理、子羊料理、または卵料理に風味を追加する。
  • 焼きたてのパンに。
  • ソース、マリネ、サラダドレッシングに混ぜる。


乾燥ディルは、ディップ、マリネ、ポテト、チキン、マグロのサラダに風味を加えるために使用できます。

種子については、ディル種子を丸ごと使用することも、粉砕してパン、スープ、野菜料理に追加することもできます。また、ディルの漬物を作るために使用することができます。

💡 POINT

ディルは、ポテトサラダ、ザジキソース、魚の上など、さまざまな料理に使用できる多目的なハーブです。ディルの種は、漬物やパンなどの食品に風味を付けるスパイスとして使用できます。


ディルの保存方法

生のディルを保存するには、まず新鮮な水で葉を軽く濡らし、茎をペーパータオルでゆるく包んでから、ジップトップのビニール袋に入れます。

ディルを冷蔵庫の野菜用引き出しに入れ、最大1週間保管します。長期間保管する場合は、冷凍庫でシート状にして保管することもできます。

冷凍したら、小枝を冷凍庫用の袋に移し、風味を保つのに最長6か月間保管できます。

冷凍ディルは、解凍せずに調理に使用できます。乾燥したディルとディルの種子は、冷暗所の密閉容器に6ヶ月から1年間保管してください(参考)。

💡 POINT

適切に保管すると、生のディルは冷蔵庫で最大1週間、冷凍庫で最大6か月間保管可能です。乾燥したディルとディルの種子は、6ヶ月から1年間保管できます。


最後に

抗酸化物質が豊富で、ビタミンC、マグネシウム、ビタミンAの優れた供給源であるディルは、心臓病や癌からの保護等ヘルスベネフィットがあります。

ただし、ディルの利点を調べているほとんどの研究ではディル抽出物を使用していることを覚えておいてください。生の又は乾燥したディルを食事で使用して同じ効果があるかどうかは不明です。

ディルの種子と葉はさまざまな料理に風味とポップな色を加えることができます。適切に保管した場合、新鮮なディルは冷蔵庫で1週間、冷凍庫で数か月間保管できます。

ディルはあなたの食生活に栄養補給を加えることができる風味豊かなハーブとスパイスです。

Powered by Froala Editor

関連記事

関連商品

サイドバーコンテンツ

ビタミンACE販売ページ

カテゴリー

人気のキーワード

人気の記事

新着記事

ライター募集中

サプリメント診断