ヤボランジとは?エビデンスをもとに効果や副作用を解説

Written by alloeh編集部

作成日:2020/03/30、更新日:2020/04/05

ヤボランジ原材料解説

ヤボランジとは?

ヤボランジは薬草の1種です。 葉の部分が薬の産生に使用されます。

ヤボランジは、健康に対する安全性の懸念があるものの、下痢の治療や発汗を促す目的で使用されることがあります。また、緑内障の治療のために点眼薬として使用されることもあります。

ヤボランジとピロカルピンの違いを理解することが大切です。ヤボランジ自体は薬草として使用されることはありませんが、米国食品医薬品局(FDA)も認可している薬剤であるピロカルピンを生産するために利用されます。ピロカルピンの点眼薬は緑内障の治療などに使用されます。ピロカルピンの錠剤は、放射線治療による口腔乾燥、シェーグレン症候群と呼ばれる眼科疾患などの治療に使用されます。

どのように働くか?

ヤンボラジがどのように働くのかは、はっきりしていません。 ヤンボラジは、唾液の産生を亢進したり、発汗、胃や消化管の筋肉収縮などの作用があると考えられています。

使用方法と効能

期待されているがデータが不足している効能

  • 下痢 
  • 緑内障 
  • 発汗 
  • その他の疾患 


ヤボランジのこれらの疾患に対する効能は確定的ではなく、今後もさらなる研究データが必要でしょう。

副作用と安全性

ヤボランジの薬草として使用は、安全ではないと考えられています。 5-10グラムのヤボランジの葉の摂取が、致死的になると考えられています。

しかし、ヤボランジは、米国食品医薬品局(FDA)も認可しているピロカルピンという薬剤の生産に使用されています。

特に注意が必要な人と警告

妊婦と授乳婦:ヤボランジの摂取は、全ての人に対して安全ではないと考えられており、特に妊娠中や授乳中は危険であると考えられています。ヤボランジは、胎児の奇形や流産を起こす可能性のある成分を含んでいます。妊娠中であれば、ヤボランジの経口摂取や、目への使用は避けるべきでしょう。また、乳児などにとっても有害となりえるとの懸念があります。妊娠中、または授乳中のヤボランジの使用は避けましょう。

相互作用

現時点では、ヤボランジと他の薬剤との相互作用は報告されていません。

用量

ヤボランジの用量は、年齢、健康状態、その他の要因など、複数の要因によって変わります。 現時点では、ヤボランジの適切な摂取量を決定できるほどの十分な科学データがありません。 また、天然の生薬などは必ずしも安全ではなく、用量などが重要であることは覚えておきましょう。 製品のラベルの用法用量を守ることと、摂取の開始前に医療機関で薬剤師や医師などの専門家に相談することが大切です。

Powered by Froala Editor


関連記事

関連商品

サイドバーコンテンツ

ビタミンACE販売ページ

カテゴリー

人気のキーワード

人気の記事

新着記事

ライター募集中

サプリメント診断