アヤメとは?エビデンスをもとに効果や副作用を解説

alloeh編集部

最終更新日:2020/05/18

アヤメとは?

概要情報 アヤメは植物で、茎(根茎)の部分から薬が作られます。

アヤメは、腹部の膨満感、腫脹(炎症などにより体の一部が腫れること)、体液貯留、肝臓の問題、その他多くの症状に使用されます。しかし効果の裏付けとなる科学的なエビデンスはなく、 アヤメの使用は安全ではないかもしれません。

用途

用途と効果

不十分な証拠(Insufficient Evidence for)

  • 便秘 
  • 体液貯留 
  • 胆汁の増加 
  • 肝疾患 
  • 嘔吐 
  • 皮膚の発疹 
  • その他の症状 


上記の用途に対するアヤメの有効性を評価するには、より多くのエビデンスが必要です。

副作用

副作用と安全性

経口摂取:アヤメはおそらく危険です。 吐き気や嘔吐を引き起こす可能性があり、新鮮な根は口や喉、消化器官、皮膚を刺激する場合があります。 さらに、頭痛、目の腫れや涙目を引き起こすこともあります。

特別警戒と警告:

アヤメの使用は誰であってもおそらく危険ですが、次の条件のに当てはまる人にとっては特に安全ではありません。

妊娠中/授乳中の方:アヤメはおそらく危険です。妊娠中または授乳中の方は使用しないでください。

感染症、潰瘍性大腸炎、クローン病など胃腸障害がある方:アヤメは胃腸を刺激する可能性があるため、これらの症状のある人は使用しないでください。

相互作用

主な相互作用 下記の組み合わせは避けてください

  • 心臓の収縮力を高める薬 ジゴキシン(ラノキシン)は「BLUE FLAG」と相互作用します 「BLUE FLAG」は刺激性下剤と呼ばれる下剤の一種です。刺激性下剤は、体内のカリウム濃度を低下させる可能性があります。カリウム濃度が低いと、服用中のジゴキシン(ラノキシン)の副作用発生リスクが高くなります。


中程度の相互作用 下記の組み合わせには注意してください

  • 血液をサラサラにする薬 ワルファリン(クマジン)は、「BLUE FLAG」と相互作用します 「BLUE FLAG」は下剤として使われますが、下痢を引き起こす可能性があります。下痢は服用クフのワルファリンの効果を高め、出血のリスクが高まります。ワルファリンを服用する場合は、過剰な量の「BLUE FLAG」を摂取しないでください。 
  • むくみを取る薬 ウォーターピル(もしくは利尿薬)は「BLUE FLAG」と相互作用します 「BLUE FLAG」は下剤です。下剤の中には、体内のカリウムを減少させるものがあります。 むくみをとる目的で使われる「ウォーターピル」も体内のカリウムを減少させます。一緒に「BLUE FLAG」を摂取すると、体内のカリウムが減少しすぎる可能性があります。カリウムを減少させる「ウォーターピル」には、クロロチアジド(ジウリル)、クロルタリドン(サリトン)、フロセミド(ラシックス)、ヒドロクロロチアジド(HCTZ、ヒドロジウリル、マイクロジド)などが含まれます。 


投与量

アヤメの適切な投与量は、年齢、健康状態、その他の健康状態など、いくつかの要因によって異なります。 現時点では、アヤメの適切な許容される摂取量の決定に十分なエビデンスはありません。 天然のアヤメは必ずしも安全であるとは限らず、投与量が重要になってくるという点に注意してください。 使用する前に、製品ラベルの指示に従い、薬剤師、医師、または他の医療専門家に相談してください。

Powered by Froala Editor

  • 記事をシェア

この記事のライター

alloeh編集部