リュウキンカとは?エビデンスをもとに効果や副作用を解説

Written by alloeh編集部

作成日:2020/03/30、更新日:2020/05/18

セイヨウリュウキンカヒメリュウキンカ原材料解説

概要

リュウキンカは植物の一種です。地面の上の花の部分を薬を作るための使います。

深刻な安全への懸念があるにもかかわらず、リュウキンカは痛み、月経不順、気道の腫れ、気管支炎、黄色の肌(黄疸)、肝臓疾患、その他の症状に使われますが、これらの使い道を裏付ける良い科学的なエビデンスはありません。

どのように作用するのか?

どのようにリュウキンカが働くのかを知るための十分信頼できる情報はありません。初期のエビデンスではリュウキンカは免疫システムに影響する可能性があるとされていますが、確認にはより多くの研究が必要です。

用法と効果

エビデンスが十分でないもの

  • 痛み 
  • 痙攣 
  • 月経不順 
  • 肺への主要な気道の腫れ(炎症)(気管支炎) 
  • 肝臓の問題 
  • 便秘 
  • 水分貯留 
  • 高コレステロール 
  • 低血糖 
  • 肌に塗られた場合、皮膚の痛みの解消 
  • 他の症状 


リュウキンカのこれらの用途への効果の評価にはより多くのエビデンスが必要です。

副作用と安全性

口から摂取した場合:新鮮なリュウキンカはおそらく安全ではありません。下痢や胃、腸、膀胱、腎臓に深刻な刺激を与える可能性があります。乾燥されたものを口から摂取した時に安全かどうかについては十分な情報がありません。

肌に塗った場合:新鮮なリュウキンカはおそらく安全ではありません。リュウキンカが肌に触れた場合、水ぶくれややけどを起こす可能性があります。乾燥されたものを肌に塗った場合に安全かどうかについては十分な情報がありません。

特別な予防措置と警告

妊娠中と授乳中:リュウキンカが新鮮であるか一部新鮮である場合、おそらく安全ではありません。乾燥されたリュウキンカの安全性は不明です。妊娠中や授乳中の場合はリュウキンカの使用を避けた方が良いです。

相互作用

リュウキンカの相互作用に関する情報はありません。

用量

リュウキンカの適切な用量は年齢、健康、その他の条件に依存します。現在のところ、リュウキンカの適切な用量の範囲を決めるために十分な科学的な情報はありません。自然から作られる製品が常に安全ではなく、用量が重要である可能性があることを忘れないでください。製品ラベルにある関連する指示に従い、薬剤師、医師、その他の医療のプロに使用前に相談するようにしてください。

Powered by Froala Editor


関連記事

関連商品

サイドバーコンテンツ

ビタミンACE販売ページ

カテゴリー

人気のキーワード

人気の記事

新着記事

ライター募集中