セイヨウヤチヤナギとは?エビデンスをもとに効果や副作用を解説

alloeh編集部

最終更新日:2020/04/05

ヤチヤナギとは?

ヤチヤナギはハーブの一種です。葉、枝、脂分が薬を作るのに使われます。

人々はヤチヤナギを消化器系の問題のために摂取します。

スウェーデンでは強く煎じた乾燥したヤチヤナギの皮を回虫の治療やかゆみの緩和に使用しています。

どのように作用するのか?

ヤチヤナギは肌の赤みや腫れ(炎症)を抑える成分を含んでおり、組織を乾燥させる(収斂性)効果があります。

用法と効果

十分なエビデンスがないもの

  • 消化器の疾患 
  • 回虫 
  • かゆみ 
  • 他の症状 


これらへのヤチヤナギの効果の評価にはより多くのエビデンスが必要です。

副作用と安全性

ヤチヤナギの葉と枝が安全かどうかに関する十分な情報はありません。ヤチヤナギの脂には毒性があります。

特別な予防措置と警告

妊娠中と授乳中:ヤチヤナギを妊娠中と授乳中に使用することに関しては十分知られていません。安全を重視し使用を避けてください。

相互作用

ヤチヤナギの相互作用に関しては情報がありません。

用量

ヤチヤナギの適切な用量は年齢、健康、その他の条件に依存します。現在のところ、ヤチヤナギの適切な用量の範囲を決めるために十分な科学的な情報はありません。自然から作られる製品が常に安全ではなく、用量が重要である可能性があることを忘れないでください。製品ラベルにある関連する指示に従い、薬剤師、医師、その他の医療のプロに使用前に相談するようにしてください。

Powered by Froala Editor

  • 記事をシェア

この記事のライター

alloeh編集部