ザゼンソウとは?エビデンスをもとに効果や副作用を解説

alloeh編集部

最終更新日:2020/05/23

ザゼンソウ原材料解説

ザゼンソウとは

ザゼンソウ(スカンクキャベツ)は植物ですが、不快な匂いを放つことからこのような名前になりました。

根と地下茎(根茎)は薬を作るために使われます。

ザゼンソウはあらゆる病態に対して使われていますが、その効果は科学的に証明されていません。
若い葉や根、茎は煮て食べることができます。

ザゼンソウの作用機序

ザゼンソウの作用を明らかにした信頼性の高い情報はありません。

ザゼンソウの根拠が不十分な効果

  • 気管支炎
  • 喘息
  • 百日咳
  • 関節痛および筋肉痛(リウマチ)
  • 頭痛
  • 歯痛
  • 攣縮
  • 痙攣
  • てんかん
  • 蠕虫
  • 白癬
  • 疥癬
  • 体液うっ滞
  • 出血過多(出血)
  • 不安
  • ヘビ咬傷
  • 皮膚のただれ
  • ささくれ
  • むくみ
  • 消化器系への刺激
  • その他

これらの病態に対してザゼンソウの効果を評価するには、より多くの研究が必要です。

ザゼンソウの副作用や安全性

経口摂取

ザゼンソウは食物に含まれる量を食べるならおそらく安全です。 

大量に食べた場合は、吐き気や嘔吐、下痢、頭痛、めまい、視野の狭小化や胃痙攣をおこす可能性があります。

ザゼンソウの特別な予防措置と警告

 妊娠と 授乳

妊娠している場合、ザゼンソウはおそらく危険です。
 ザゼンソウは月経を再開させたり、子宮を収縮させる可能性があります。

結果として流産の原因になるかもしれません。 

授乳中の安全性について、信頼性の高い情報はありません。 

安全のため、使用しないでください。

胃腸障害(胃食道逆流症[GERD]、潰瘍、 潰瘍性大腸炎、クローン病)

ザゼンソウを食べると、病態が悪化する可能性があります。

腎結石

ザゼンソウにはシュウ酸が含まれており、これは腎結石の原因になります。 ザゼンソウを摂取すると、腎結石が悪化する可能性があります。

ザゼンソウの相互作用

現在、ザゼンソウと相互作用を起こすものに関する情報はありません。

ザゼンソウの用量

ザゼンソウの適用量は、年齢や健康状態、その他の要因によって異なります。

現時点では、ザゼンソウの適用量を決定づける十分な科学的根拠はありません。

天然由来のものが必ずしも安全であるとは限りません。
摂取量が重要となる場合もあるので注意してください。
必ず製品ラベルの指示に従い、使用前にかかりつけの薬剤師、医師、または医療専門家に相談してください。

Powered by Froala Editor

  • 記事をシェア

この記事のライター

alloeh編集部

関連記事