ケイガイとは?エビデンスをもとに効果や副作用を解説

alloeh編集部

最終更新日:2020/05/23

ケイガイ原材料解説

ケイガイとは

ケイガイ(荊芥)は植物です。 根以外の部分は薬を作るために使われます。

ケイガイは、風邪、発熱、のどの痛み、月経過多に使用されます。
また、湿疹、アレルギー性発疹、乾癬などの皮膚疾患にも使われています。

ケイガイの作用機序 ケイガイには、湿疹などの皮膚症状を改善しうる化学物質が含まれています。

ケイガイの用途と効果

根拠が不十分な疾患

湿疹

科学研究では、さまざまな結果が示されています。ケイガイを9種類のハーブ(ゼマフィテ)と混ぜ合わせると、発赤と炎症を軽減させると示す研究もあります。 しかし、他の研究では効果は証明されていません。

風邪

喉の痛み

乾癬

月経過多

その他

これらの症状に対するケイガイの効果を評価するには、より多くの研究が必要です。

ケイガイの副作用

副作用と安全性

低用量であれば、ほとんどの人にとって安全でしょう。 高用量の場合、ケイガイに含まれる化学物質が肝臓にダメージを与える可能性があります。

特別な予防措置と警告

妊娠と授授

妊娠中および授乳中のケイガイの使用については、十分な情報がありません。 安全のため、使用しないでください。

肝疾患

ケイガイが肝疾患を悪化させる可能性があります。 肝臓に問題がある場合は使用しないでください。


ケイガイの相互作用

現在のところ、ケイガイと相互作用を起こすものに関する情報はありません。

ケイガイの用量

ケイガイの適切な用量は、年齢や健康状態など複数の要因に依存します。
現時点で、ケイガイの適切な用量範囲を決定づける十分な科学的情報はありません。

天然由来の製品が必ずしも安全であるとは限りません。また、用量も重要であることに注意してください。

必ず製品ラベルの指示に従い、使用する前にかかりつけの薬剤師、医師、または医療専門家に相談してください。

最後に

いかがでしたでしょうか?

ケイガイをサプリで試してみたい方は、「ナイシトールZ」から使用してみると良いでしょう。
ただし、重度の症状など適切な治療が必要とされる場合はサプリメントに頼らず、医療機関で診断を受けるようにしましょう。

Powered by Froala Editor

  • 記事をシェア

この記事のライター

alloeh編集部

関連商品

関連記事