ハルガヤとは?エビデンスをもとに効果や副作用を解説

alloeh編集部

最終更新日:2020/05/22

ハルガヤ原材料解説

ハルガヤとは

別名: アンソクザンサム・オドラタム, チェンデント・オドラント、フローヴ・オドランテ、グラス、スプリング・グラス

ハルガヤは植物で、植物の全体が製薬に使われます。
重大な安全上の懸念があるにも関わらず、頭痛、吐き気、不眠、尿管の病に使われています。

ロシアでは、特定のブランデーの材料として使われており、食べ物としては香料として使われています。
ハルガヤには血液を薄めるとされる成分が含まれています。

ハルガヤの効果について

以下の効果には十分なエビデンスがありません

  • 頭痛 
  • 吐き気 
  • 不眠 
  • 尿管の病 
  • その他の病 


ハルガヤのこれらの用法への効果を評価するには一層のエビデンスが必要とされます。

ハルガヤの副作用と安全性

ハルガヤは安全ではありません。
血液凝固を遅める化学物質を有しています。
それに加えて、ハルガヤは下痢や吐き気、嘔吐、めまい、頭痛、不眠、肝障害といった副作用を引き起こします。

ハルガヤを直接肌に塗布して良いのかどうか、ということを知るための十分な情報もありません。

ハルガヤを使用する際の特別な注意事項と警告

ハルガヤを使うことは、誰にとっても安全ではありませんが、妊婦の方と母乳育児中の方にとっては使うべきでない特別な理由があります。 

もしあなたが妊婦もしくは母乳育児中である場合、ハルガヤを摂取することは安全ではありません。
血液凝固を遅らせる化学物質を含んでいるからです。

これは手術中、手術後に余分な出血を引き起こすかもしれない危険があります。
少なくとも手術予定日の二週間前からハルガヤの使用を止めてください。

ハルガヤの相互作用

中程度の相互作用

血液凝固を遅らせる相互作用のある薬物治療(抗凝血剤/抗血小板剤)とハルガヤの併用には注意が必要です。

ハルガヤは血液凝固を遅らせる作用があるとされます。
ハルガヤと血液凝固を遅らせる薬物治療を併用することは、あざになる可能性と出血する可能性を増大させます。

血液凝固を遅らせる薬物には、アスピリン、クロピドグレル(プラビックス)、ジクロフェナク(ボルタレン、カタフラム、その他)、イブプロフェン(アドビル、モートリン、その他)、ナプロキセン(アナプロックス、ナプロシン、その他)、ダルテパリン(フラグミン)、エノキサパリン(ラブノックス)、ヘパリン、ワルファリン(クマジン)、などがあります。

ハルガヤの服用量

ハルガヤの適切な服用量は使用者の年齢、健康状態と様々な他の条件といったいくらかの要素に依拠しています。
現時点では、ハルガヤの適切な服用量の幅を決定する科学的な情報はありません。

自然の産物は常に必ずしも安全ではないということと、服用量が重要になりうることを気に留めておいてください。
必ず製品ラベルの適切な指示に従い、使用前には薬剤師や医師、もしくは他の医療の専門家に相談してください。

Powered by Froala Editor

  • 記事をシェア

この記事のライター

alloeh編集部

関連記事