カラクサケマン

カラクサケマンの概要(効果や効能)

カラクサケマンはヨーロッパおよびアフリカ北部原産のケシ科の植物で、主に地上部が用いられ、茶や食品に使用されます。胃腸の痙攣(けいれん)や過敏性腸症候群によいとされるほか、胆汁の分泌を促す効果があると言われています。

カラクサケマンの安全性(注意点や副作用)

カラクサケマンに含まれるプロトピンは、過剰に摂取すると痙攣(けいれん)や死に至る可能性があるため、過剰摂取は危険です。妊娠中や授乳中の方は使用を避けましょう。

『カラクサケマン』のサプリ

  • 成分情報をシェア