編集部の解説

商品詳細

本品にはテアニンが含まれます。テアニンには朝目覚めた時の疲労感を軽減することが報告されています。

使用方法

1日1本(1.5g)を目安にお休み前などに水またはお湯と共にお召し上がりください。 水なしでもお召し上がり頂けますが、のどに詰まらせないようご注意ください。

注意点

●本品は、疾病の診断、治療、予防を目的としたものではありません。 ●本品は、疾病に罹患している者、未成年者、妊産婦(妊娠を計画している者を含む。)及び授乳婦を対象に開発された食品でありません。 ●疾病に罹患している場合は医師に、医薬品を服用している場合は医師、薬剤師に相談してください。 ●体調に異変を感じた際は、速やかに摂取を中止し、医師に相談してください。

成分・原材料

テアニン 200mg

成分の解説

専門家の解説

似た商品をチェック

トップのクチコミ

  • 眠りが浅いことを改善したくて摂取しました。顆粒タイプなので飲みにくいか心配でしたが、変な味もせずに想像していたより飲みやすかったです。副作用もありませんし、摂取したその日の夜にぐっすり眠れたので効果があると実感しました。必要な時にはすぐに摂取できるように、ストックしています。

  • 快眠サプリ 

    日曜日の晩に決まって眠れなくなる習慣がついてしまい困っていました。その為、睡眠不足状態で月曜に出勤する日々が続き、それを改善したくてサプリの使用を始めました。急激に眠くなると言う効き方ではないので、何時から効果を感じたのかは定かではありませんが、飲み始めて1カ月したころにはぐっする眠れるようになっていました。飲み始めて半年になりますが、副作用を感じたことは一切ありません。

  • 寝つきが悪く、夜中も何度も目が覚めてしまう状態だったため飲み始めました。かなり眠りが浅いようで少しの物音や人の寝返りの音でも目が覚めてしまい、寝ても全然疲れが取れていませんでした。オリヒロ 快眠サプリはネットで口コミが良かったので、効果があればラッキーくらいの気持ちで飲み始めました。すると、初めて飲んだ日から夜中に起きる回数がぐっと減ったのです。寝付くまでの時間は若干短くなった程度でしたが、眠りが深くなったおかげで朝のスッキリ感が全然違うようになりました。朝起きてだるく感じることが少なくなってきたので、とても快適に毎日目覚められています。飲まずに寝るとまた夜中に何度も目が覚めるのでもう手放せません。

  • 仕事上のストレスから眠りが浅く、朝から身体が気怠くて重い日々が続いていたのです。だからこそ睡眠の質を向上させ、目覚めをすっきりさせたくてオリヒロ快眠サプリを購入しました。毎日寝る前に1包ずつ服用し続けていましたが、腹痛や吐き気、頭痛といった症状が起きる事はなく、副作用と呼べる様な問題は特に起きなかったので安全性には問題なかったです。飲んだ効果の程ですが、私の場合は精神的な問題が強過ぎたのか飲んでいても寝付きが良くなるといった効果は特に感じられませんでした。ただ飲み始めて4日目位からは、幾分朝の目覚めの気怠さが軽減された様な感覚を得る事が出来たのです。もっとも期待していた程の確かな効果は感じられなかったので、2週間程で1袋飲み終えた時点で服用は止めてしまいました。

  • ストレスのせいかなかなか眠れない日が多く、睡眠が浅いせいで1日中しんどくてなんとかしたいと思いこちらのサプリメントに頼りました。このサプリを飲んだ日はいつもよりもスッと眠れていますので効果はしっかりと感じられました。いつも朝起きるとひどい頭痛でとても悩まされていましたが、このサプリを飲むようになってからひどかった頭痛もだいぶ和らぎました!めちゃくちゃ目覚めが良くなったわけではありませんが、目覚めも前に比べて良くなり、少し鬱っぽかった気持ちもマシになったように思います。飲み始めてから何か月か経ちましたが、全く副作用はありません。睡眠の質もよくなり、体調も改善されていますのでしばらく続けていこうと思います。

  • 粒上で水を使用しなくても飲むことができると言われていますがそこら中に張り付く上、酸っぱい感じがありとても快眠にいざなうよう感じのサプリではなかったです。むしろ酸っぱさがあるのでそれが気になり眠りにつきにくいです。次に水を飲み飲んだのですがやはり引っ付き酸味が後からボディブローのように効いてきて後味が悪いです。この後味の悪ささえなければよい感じで飲むことができるので何故、わざわざレモン風味風にしたのか疑問です。これだったらサプリメントの定番である錠剤と言う手法で商品を作り上げたほうがまだ不快感が無いです。不快感があるが故に再度購入して使用しようとも思えなかったですし、不快になる要因としてはやはり味があることに問題がありこれを飲むことで目覚めが良くなったとか以前に眠ることができないのでそれ以前の問題です。

最安値比較

SNSでの反応

関連記事

関連商品

  • 商品情報をシェア

人気のキーワード

人気の記事

新着記事

カテゴリー