最終更新日時:2020/02/18
アロパノール
最終更新日時:2020/02/18

アロパノール

全薬工業株式会社 >

公式サイト >

2.0 / 3.0

(1件の口コミ)

編集部の解説

アロパノールは緊張や不安、イライラなどネガティブな感情に悩んでいる方におすすめです。主成分は神経症状を緩和するとされている抑肝散(よくかんさん)です。抑肝散はお子さんも副作用なく摂取することができます。そのため受験のストレスに悩んでいるお子様にもぴったりです。

商品詳細

緊張や不安からイライラしたり、気分が悪くなる方の神経の症状を緩和します。 「朝起きても疲れがとれない」、「ぐっすり眠った感じがしない」といった不眠症状を改善します。 製剤の安定化、服用しやすさを考慮し、錠剤にフィルムコーティング(薄い被膜)を施しています。

使用方法

15才以上1回7錠、7才以上15才未満1回5錠、5才以上7才未満1回4錠。1日3回食前又は食間※2 に服用してください。 5才未満は服用しないこと。

注意点

1.次の人は服用前に医師、薬剤師又は登録販売者に相談してください。  (1)医師の治療を受けている人。  (2)妊婦又は妊娠していると思われる人。  (3)胃腸の弱い人。  (4)今までに薬などにより発疹・発赤、かゆみ等を起こしたことがある人。 2.服用後、次の症状があらわれた場合は副作用の可能性があるので、直ちに服用を中止し、この添付文書を持って   医師、薬剤師又は登録販売者に相談してください。   [関係部位:症状]   皮膚:発疹・発赤,かゆみ   まれに下記の重篤な症状が起こることがあります。その場合は直ちに医師の診療を受けてください。   [症状の名称:症状]   間質性肺炎:階段を上ったり、少し無理をしたりすると息切れがする・息苦しくなる、空せき、発熱等がみら   れ、これらが急にあらわれたり、持続したりする。   心不全:動くと息が苦しい、疲れやすい、足がむくむ、急に体重が増えた。   肝機能障害:発熱、かゆみ、発疹、黄疸(皮膚や白目が黄色くなる)、褐色尿、全身のだるさ、食欲不振等があらわれる。 3.1ヵ月位(小児夜泣きに服用する場合には1週間位)服用しても症状がよくならない場合は服用を中止し、   この添付文書を持って医師、薬剤師又は登録販売者に相談してください。

成分・原材料

抑肝散料エキス 3,000mg [チョウトウコウ 1,500mg、サイコ 1,000mg、カンゾウ(甘草) 750mg、トウキ 1,500mg、センキュウ 1,500mg、ブクリョウ 2,000mg、ビャクジュツ 2,000mg より抽出] 添加物としてカルメロースCa、酸化チタン、三二酸化鉄、ステアリン酸Mg、セルロース、ヒプロメロース、マクロゴール、無水ケイ酸、メタケイ酸アルミン酸Mg

成分の解説

アロパノールに似た商品をチェック

より高評価な商品

よりお手頃な商品

アロパノールに関するみんなの口コミ

★ ★ ☆
2019/09/23
緊張や不安におそわれた時のため、おまもり的に常備していました。イライラしたり緊張する出来事があったりするときに一時的に服用する形です。明らかな変化は感じたことがありませんが、気づけば少しリラックスしている気がします。

アロパノールの最安値比較

  • 商品情報をシェア