最終更新日時:2020/02/26
ハイヤスミンA

編集部の解説

ハイヤスミンAはなかなか寝付けない方や眠りが浅い方におすすめです。主成分は脳の覚醒作用(ヒスタミン)を抑制するとされているジフェンヒドラミン塩酸塩です。またジフェンヒドラミン塩酸塩は皮膚のかゆみやくしゃみ・鼻水などアレルギー症状を和らげる効果も示唆されています。そのため体調を崩しやすい方にもぴったりです。

商品詳細

寝つきが悪い、眠りが浅いといった一時的な不眠症状の緩和に効果のある医薬品です。

使用方法

寝つきが悪い時や眠りが浅い時、次の1回量を1日1回就寝前に服用してください。 [年齢:1回量] 大人(15才以上):2錠 15才未満:服用しないこと

注意点

1.次の人は服用前に医師、薬剤師又は登録販売者に相談してください (1)医師の治療を受けている人。 (2)高齢者。(高齢者では眠気が強くあらわれたり、また、反対に神経が高ぶる などの症状があらわれることがあります。) (3)薬などによりアレルギー症状を起こしたことがある人。 (4)次の症状のある人。 排尿困難 (5)次の診断を受けた人。 緑内障、前立腺肥大 2.服用後、次の症状があらわれた場合は副作用の可能性があるので、直ちに服用を 中止し、この文書を持って医師、薬剤師又は登録販売者に相談してください [関係部位:症状] 皮膚:発疹・発赤、かゆみ 消化器:胃痛、吐き気・嘔吐、食欲不振 精神神経系:めまい、頭痛、起床時の頭重感、昼間の眠気、気分不快、 神経過敏、一時的な意識障害(注意力の低下、ねぼけ様症状、 判断力の低下、言動の異常等) 循環器:動悸 泌尿器:排尿困難 その他:倦怠感 3.服用後、次の症状があらわれることがあるので、このような症状の持続又は増強 がみられた場合には、服用を中止し、この文書を持って医師、薬剤師又は登録販 売者に相談してください 口のかわき、下痢 4.2~3回服用しても症状がよくならない場合は、服用を中止し、この文書を持っ て医師、薬剤師又は登録販売者に相談してください その他の注意 ■その他の注意 翌日まで眠気が続いたり、だるさを感じることがあります

成分・原材料

ジフェンヒドラミン塩酸塩

副作用

(守らないと現在の症状が悪化したり、副作用・事故が起こりやすくなります) 1.次の人は服用しないでください (1)妊婦又は妊娠していると思われる人。 (2)15才未満の小児。 (3)日常的に不眠の人。 (4)不眠症の診断を受けた人。 2.本剤を服用している間は、次のいずれの医薬品も使用しないでください 他の催眠鎮静薬、かぜ薬、解熱鎮痛薬、鎮咳去痰薬、抗ヒスタミン剤を含有する 内服薬等(鼻炎用内服薬、乗物酔い薬、アレルギー用薬等) 3.服用後、乗物又は機械類の運転操作をしないでください (眠気をもよおして事故をおこすことがあります。また、本剤の服用により、 翌日まで眠気が続いたり、だるさを感じる場合は、これらの症状が消えるまで、 乗物又は機械類の運転操作をしないでください。) 4.授乳中の人は本剤を服用しないか、本剤を服用する場合は授乳を避けてください 5.服用前後は飲酒しないでください 6.寝つきが悪い時や眠りが浅い時のみの服用にとどめ、連用しないでください

ハイヤスミンAに似た商品をチェック

より高評価な商品

よりお手頃な商品

ハイヤスミンAの最安値比較

  • 商品情報をシェア