クレアチン・カプセル

(0)

商品詳細

エネルギーの供給と健全な筋肉のサポート クレアピュア 栄養補助食品 GMOフリー クレアチンカプセル クレアチンは、主に腎臓や肝臓に存在するアミノ酸のL-アルギニン、グリシン、L-メチオニンにより体内で自然産生される成分で、血液に運ばれて体内のあらゆる細胞にエネルギーを供給します。これは、脳、心臓、骨格筋が大切な貯蔵作用として利用するクレアチンリン酸に代謝されます。健康な方の筋肉内のクレアチンは、1日におよそ2グラムの割合で補給されます。クレアチンの経口摂取は、補充を止めると同時に逆効果とされる、体による自然産生を抑制する効果が示されています。 クレアチンは、筋肉に入り込むと様々な効果を発揮します。これらの効果は運動パフォーマンスを向上させ、場合によっては筋機能やエネルギー代謝を改善させます。クレアチンの服用後に運動パフォーマンスが向上する理由としては、以下の様々なメカニズムが提唱されています。 体にエネルギーをもたらす化合物のアデノシン三リン酸を大量に維持することで、エネルギー代謝を最適化 筋原線維のmRNA量やタンパク質合成を増加させ、アミノ酸の酸化やタンパク質分解を抑制 衛星細胞や筋核数を増加させ、骨格筋活動を活性化 細胞膜を安定化させ、アデノシン三リン酸を維持することで組織損傷を防止 興味深い点として、クレアチンには、運動後に炎症を制御するかもしれない作用が示されています。某研究では、クレアチンサプリメントは過酷な運動後の細胞破壊を防ぎ、炎症を和らげる効果が見つかっています。 臨床試験では、クレアチンは体力や体組成にプラス効果があり、高齢者では、特に筋力トレーニングと組み合わせると、筋肉の作用が高まることが実証されています。クレアチンおよび偽薬を服用したグループが1週間に3回の筋力トレーニングを14週間行ったところ、両グループ共に体力、機能、筋繊維の数値で大幅な上昇が見られました。その一方で、クレアチンを服用したグループでは、除脂肪量、膝関節伸展運動、背屈運動、筋肉内のクレアチン量で大幅な上昇が見られました。 高齢者を対象とした興味深い研究では、クレアチンのプラス効果は、服用を止めた後でも、研究を行っている間は体力や脂肪組織で引き続き見られました。科学者は、クレアチンを服用しない、運動量を減らした12週間のトレーニングにおいて、体力、持久力、脂肪組織の割合には何の影響もないと結論付けています。 活発なライフスタイルを過ごす方がクレアチンサプリを服用することで、脳の健康にさらなるメリットをもたらします。某研究では、クレアチンはケガを負った後にとることで、脳組織への損傷を減らすことが見つかっています。研究者は、クレアチンを投与することで、小ネズミでは最大36%、大ネズミでは最大50%の皮質損傷の改善を見つけています。体の保護は、クレアチンによって誘発された、ミトコンドリアの生体エネルギー機能と関係があると思われています。 アスリートの間ではクレアチン・モノハイドレートがよく使用されるようになりましたが、この成分は、栄養不足、細胞エネルギーの低下によって引き起こされる症状、筋力低下、心臓の筋肉の整合性で悩む方にもメリットをもたらす場合があります。 本製品の各カプセルには、吸収されやすい500mgのクレアチン・モノハイドレートが含まれています。

使用方法

使用前にラベル全体を注意深く読み、指示に従ってください。 水かジュースと一緒に1日2回、2カプセル、または医療専門家の推奨通りに摂取してください。

注意点

注意:腎臓機能に障害のある方は、クレアチンサプリメントを使用しないでください。 蓋をしっかり閉め、涼しく乾燥した場所に保管してください。 お子様の手の届かない場所に保管してください。 推奨量を超えて服用しないでください。 外側のシールが破損または紛失している場合は使用しないでください。 病気の治療中、または妊娠中・授乳中の方が栄養補助食品を服用する場合は、かかりつけ医にご相談ください。

成分・原材料

補足事実 サービングのサイズ:2つのベジタリアンカプセル コンテナあたりの摂取量: 60 サービングあたりの金額 %日量 ビタミンC(アスコルビン酸パルミテートとして) 12 mg 20% クレアチン(1000mgクレアチアクレアチン一水和物より) 879 mg ** **日々の価値は確立されていません。植物性セルロース(カプセル)、ステアリン酸、米ぬか、シリカ。

最安値比較

  • 商品情報をシェア

人気のキーワード

人気の記事

新着記事

カテゴリー