最安値ショップ

商品詳細

Orlifast(オルリファスト)は、有効成分のオルリスタット(オーリスタット)を含有した肥満症治療薬です。食事を抑えるのではなく、体内での脂肪の取り込みを阻害するため、大きな食事制限なしで脂肪の摂取を抑えます。Orlifast(オルリファスト)に含有されている有効成分のオルリスタット(オーリスタット)は、脂肪分解酵素の働きを抑制することで、食事中のおよそ30%の脂肪分を吸収せずに、そのまま体外へ排出させます。油っぽい食事で摂った脂肪分を体内で吸収することなく、便として直接排出させる薬剤です。そのため、油性便・脂肪便などの症状が現れることがあります。オルリスタット(オーリスタット)は、米国および英国で承認されており、多くの方の肥満治療に用いられています。

使用方法

1日3回、1回120mg(1カプセル) 食事中または、食後に服用するのが効果的です。 但し、脂肪分を含まない食事の際は服用しないでください。

注意点

飲み忘れに気付いた際は、食後1時間以内の場合に限り、思い出したときすぐに服用してください。 ※2回分を一度に服用しないこと。体重の減量は、ほかの薬剤の服用量などに影響を与えます。 本剤の効果を最大限得るために、医師によって推奨された栄養プログラムを併行してください。 本剤による治療12週間後で体重を5%以上減量できなかった場合は、服用を中止してください。 本剤は、脂肪便・油性便を引き起こすことがあります。 本剤の服用を中断すると、48~72時間以内に糞便中の脂肪含有量は治療前の水準にもどります。 高脂肪含有食品を摂取した場合、脂肪便・油性便の頻度を増加させる可能性があります。また、脂肪分は3回の食事へ均等に分けて摂取してください。 食事を摂らなかったり、食事に脂肪分が含まれていない場合は、本剤の服用をとばしてください。 経口避妊薬による避妊は、本剤による重度の下痢のため、失敗する可能性があります。追加の避妊方法を推奨いたします。 本剤の服用は、慢性の腎疾患を患っている方の、腎結石に影響を与えます。 ■以下の方は本剤を使用しないでください。 オルリスタット(オーリスタット)、あるいは本剤含有成分に過敏症の既往歴がある方 慢性の吸収障害疾患を患っている方 胆汁うっ滞のある方 授乳中の方

成分・原材料

オルリスタット(オーリスタット)

副作用

便意の回数の増加やおなら、急な便意などが見られます。有効成分オーリスタットの作用でベータカロチンやビタミンA・D・E・Kなど脂溶性栄養素の吸収が減少します。 頭痛、腹痛、腹部不快感、瀉下(下痢)、鼓腸(腸内ガスの増加)、油性便、脂肪便、水様便、低血糖(2型糖尿病罹患者において)などの症状が現れる場合があります。

専門家の解説

似た商品をチェック

トップのクチコミ

  • はる

    オルリファストを使った感想ですが確かに摂取した脂肪分を体外に排出する効果は感じました。 おかげで脂肪分が多い食事も平気になりました。 実際に使ってみるまでは本当に効果があるかと思ったのですが...続きを読む

  • かおりん

    ① 「使用して感じた副作用」 油が出切るまで、お腹にガスが溜まる感じがある 長期で使用していると、ビタミンサプリも取らないと肌がカサつく感じがする。 ②「商品が効き始めるまでの時間」 飲んで...続きを読む

  • けい

    ダイエット脂肪の吸収を抑える

    オルリファストを私が使ってみようと思ったのはどんどん体に脂肪が蓄積されるようになってかなり不安になったというのがあったからです。 では、肝心の効果ですが私はこれは目に見えた効果がすぐに出たと感...続きを読む

ユーザーからのQ&A

最安値比較

関連記事

関連商品

  • 商品情報をシェア

カテゴリー

人気のキーワード

人気の記事

新着記事