商品詳細

無料ケース付(メールインリベート) 究極のやわらかs 高い保護力 - NRR 32 未来を聞く耳 ANSI仕様S3.19-1974に従って試験 耳栓を使用説明書通りに着用した際に人の耳に入る騒音のレベルは、A特性環境騒音レベルとNRR(騒音減衰評価値)の違いとよく似ています。 遮音評価   32デシベル(説明書通りに使用した場合) 従来の聴覚保護具の遮音範囲の評価値はおよそ0〜30です(数字が高いほど効果が高いことが示されます)

使用方法

最良の結果を得るには、耳栓を適切に挿入してください。 清潔な手で耳栓全体を親指と指で強く丸め、薄くて堅い円筒の形にします。 片手で耳の上部を優しくつまみ上げて外耳道を開きます。片手で丸められた側から耳栓を挿入します。 人差し指で耳栓を挿入し、快適にしっかりと収まるまで広がります。 挿入の練習を行うようお勧めします。HEAROS.comで音声または動画の使用方法を参照してください。 減衰値グラフ (ANSI S3.19-1974) 周波数 125 250 500 1000 2000 3150 4000 6300 8000 中間減衰 (dB) 32.4 35.5 40.5 39.2 39.8 45.5 47.0 47.0 47.5 標準偏差 (dB) 3.3 3.3 3.0 4.2 2.8 3.2 3.7 4.7 5.1 例: 耳で測定した環境騒音レベルは92デシベルdB(A)です。 NRRは32デシベル(dB)です。 耳に入ってくる騒音レベルはおよそ 60 dB(A)です。

注意点

注意事項 幼児の手の届かない場所で保管してください。本製品は非毒性ですが、呼吸器官に詰まった場合は呼吸を妨げる場合があります。 注意事項: 500 Hz以下の騒音が主な環境では、C加重環境騒音レベルを使用してください。本製品が耳にしっかりと挿入されていない場合は、遮音効果が低下します。耳にしっかりと挿入する方法は上記の説明をご覧ください。聴覚保護具は、強烈な騒音による悪影響に対する保護として推奨することができますが、騒音減衰評価値(NRR)は継続的な騒音の遮音に基づいており、銃撃音などの強烈な騒音に対する保護を正確に示すものではありません。減衰データから算出した遮音評価(NRR)は32デシベルです。騒音を効果的に遮音するには、耳栓を適切に挿入してください。使用説明書をご覧ください。

最安値比較

  • 商品情報をシェア

人気のキーワード

人気の記事

新着記事

カテゴリー