耳栓、エクストリームプロテクション

(0)

商品詳細

NRR 33 1992年以来の信頼 4千万個以上の耳栓販売実績 プラグイン ANSI仕様S3.19-1974に基づき試験を実施 耳栓を使用説明書通りに着用した際に人の耳に入る騒音のレベルは、A特性環境騒音レベルとNRR(騒音減衰評価値)の違いとよく似ています。 減衰値グラフ (ANSI S3.19-1974) 周波数 125 250 500 1000 2000 3150 4000 6300 8000 中間減衰 (dB) 38.4 40.3 43.2 41.8 38.6 45 45.7 49.6 47.3 標準偏差 (dB) 4.8 4.8 5 4 2.6 3.3 3.3 4 3.5 例: 耳で測定した環境騒音レベルは92デシベル(A)です。 NRRは33デシベル(dB)です。 耳に入る騒音のレベルは約59デシベル(A)です。 騒音減衰評価値は33デシベル(説明書通りに使用した場合) 従来の聴覚保護具の騒音減衰評価値は約0〜30です(数字が大きいほどより大きな効果を表します)。

使用方法

最良の結果を得るには、耳栓を適切に挿入してください。 清潔な手で耳栓全体を親指と指で強く丸め、薄くて堅い円筒の形にします。 片手で耳の上部を優しくつまみ上げて外耳道を開きます。もう一方の手で小さく丸めた耳栓の先を挿入します。 耳栓が広がって快適にフィットするまで人差し指で耳栓を押さえます。 挿入の練習を行うことをお勧めします。HEAROS.Comの装着方法の動画を参照してください。数回使用した後、または耳栓に汚れや耳あかが蓄積したら、すぐに製品をお捨てください。

注意点

幼児の手が届かない場所で保管してください。本製品は非毒性ですが、呼吸器官に詰まった場合は呼吸を妨げる場合があります。 500ヘルツ以下の周波数が主な騒音環境では、C特性環境騒音レベルを使用してください。本製品が耳にしっかりと挿入されていない場合は、遮音効果が低下します。耳にしっかりと挿入する方法は上記の説明をご覧ください。聴覚保護具は、強烈な騒音による悪影響に対する保護として推奨することができますが、騒音減衰評価値(NRR)は継続的な騒音の遮音に基づいており、銃撃音などの強烈な騒音に対する保護を正確に示すものではありません。騒音減衰評価値(NRR)は、33デシベルの減衰データから算出されました。騒音を効果的に遮音するには、耳栓を適切に挿入してください。使用説明書をご覧ください。

最安値比較

  • 商品情報をシェア

人気のキーワード

人気の記事

新着記事

カテゴリー