編集部の解説

商品詳細

スピルリナは水前寺海苔などと同じ藍藻類の一種で、今から30億年以上も昔に地球上に誕生した、最古の植物の一つです。主にアフリカや中南米など、亜熱帯地方の高アルカリの塩水湖に繁殖しています。「スピルリナ」というのはラテン語で「らせん」という意味で、くるくるとねじれた形をしていることから名づけられたといいます。多種類の栄養素が豊富に含まれており、食生活の偏りがちな現代人の栄養補助食品として便利な食品です。「理想的な栄養食品」ということでNASAでは宇宙食としての開発も進められています。

使用方法

食前、食後、食間など、続けやすい 時間帯で適量をお飲みください。

注意点

スピルリナにはベータカロテンが多く含まれています。緑黄色野菜 や、柑橘類などベータカロテンを多く含む食品を多く摂取している と、稀に手の平などが黄色くなってくる場合があります。この症状 は柑皮症(かんぴしょう)と呼ばれます。この場合はスピルリナの 摂取量を控えるか、または緑黄色野菜や、それらのジュース、柑 橘類の摂取を控えてください。

成分・原材料

熱量 260~390kcal、たんぱく質 51.7~80g、脂質 6.7~8.3g、糖質 3.3~5g、食物繊維 6.7~10g、ナトリウム 433.3~650mg、カルシウム 263.3~495mg、鉄 61.7~115mg、カリウム 1050~1800mg、マグネシウム 200~383.3mg、亜鉛 3.3~6.7mg、銅 0.3~0.8mg、マンガン 1.5~8mg、セレン 5~10μg、コバルト 0~0ppm、リン 550~1400mg、総クロム 0.5~3.3ppm、ヨウ素 0~1.7mg、β-カロテン 80000~200000μg、ビタミンB1 2.2~4.8mg、ビタミンB2 2.2~4.8mg、ビタミンB6 0.7~1.3mg、ビタミンB12 183.3~400μg、ビタミンE 6.3~12mg、ナイアシン 11.7~20mg、葉酸 133.3~300μg、パントテン酸 0.8~1.8mg、ビオチン 20~45μg、ビタミンK1 1033.3~1933.3μg、ビタミンK2 16.7~133.3μg、イノシトール 65~140mg、γ-リノレン酸 900~1833.3mg、リノール酸 833.3~1666.7mg、総カロテノイド 200~450mg、フィコシアニン 3000~9000mg、クロロフィルa 600~1250mg、核酸(RNA) 2200~3500mg、核酸(DNA) 600~1000mg

成分の解説

※ 各成分の詳細を見るには、上の成分アイコンをタップしてください

専門家の解説

似た商品をチェック

トップのクチコミ

  • ri-chan

    ビタミンやミネラルが豊富に含まれいて身体に良さそうだと思い買うことにしました。2週間ぐらいで効果が出てきました。お通じが良くなりスッキリした毎日。副作用はないです。ニキビが改善して嬉しかったです...続きを読む

  • brutacu

    ドラッグストアの店員さんが、スピルリナはとてもいいと言っていたのを覚えていたので、購入してみました。 飲みやすいのがいいと思います。飲み始めてすぐに、ガスが出るようになり、だんだんと腸内環...続きを読む

  • Kaicang46

    それまではスピルリナの粉末(100%)を自然食品のお店で購入して摂ったことがあったのですが、水や飲み物に溶かしてだと少し飲みづらかったのが難点でした。それに比べ、こちらの商品は錠剤タイプにプレス...続きを読む

  • sekai

    ヘルス

    飲み始めてから風邪などの体調不良になることはなかったのでが、 本当にスピルリナのおかげて健康になれてるのか実感はわきません。 一日あたら40錠飲んでいますが、慣れると抵抗感もなくすんなり飲む...続きを読む

ユーザーからのQ&A

値段比較

関連記事

関連商品

サイドバーコンテンツ

ライター募集中

カテゴリー

人気のキーワード

ビタミンACE販売ページ

人気の記事

新着記事