編集部の解説

商品詳細

ストレス、病気、お酒の飲みすぎ、妊娠・授乳期、脂肪分の多い食事をした時には、ビタミンB群が不足しがちです。ビタミンB2が不足すると、肌あれ、ニキビ等の皮膚疾患や口内炎、目の充血・かゆみ等の症状が粘膜にあらわれやすくなります。 ネオビタBBプラス「クニヒロ」は、体内で吸収されやすい補酵素型のビタミンB2リン酸エステルを主成分とし、さらに、ビタミンB6、B1、ニコチン酸アミド、パントテン酸カルシウムのお肌に関係する4種類のビタミンB群を配合しています。 ビタミンB2は皮膚の皮脂腺の働きを調節し、さらに、B6がB2と働き合って皮膚の新陳代謝を良くし、またニコチン酸アミド、パントテン酸カルシウムとともに皮膚や粘膜の症状を正常化する働きがあります。

使用方法

次の1回量を朝夕食後に水またはお湯でかまずに服用してください。 年齢      1回量 1日服用回数 成人(15歳以上)1 錠 2 回 15歳未満の小児 服用しないこと

注意点

1.服用後、次の症状があらわれた場合は副作用の可能性があるので、直ちに服用を中止し、この添付文書を持って医師、薬剤師または登録販売者に相談してください。 関係部位 症状 皮膚   発疹 消化器  胃部不快感 2.服用後、次の症状があらわれることがあるので、このような症状の持続または増強が見られた場合には、服用を中止し、この添付文書を持って医師、薬剤師または登録販売者に相談してください。    下痢 3.1ヵ月位服用しても症状がよくならない場合は服用を中止し、この添付文書を持って医師、薬剤師または登録販売者に相談してください。

成分・原材料

ビタミンB2リン酸エステル(リボフラビンリン酸エステルナトリウム)、ビタミンB6(ピリドキシン塩酸塩)、ビタミンB1硝酸塩(チアミン硝化物)、ニコチン酸アミド、パントテン酸カルシウム

成分の解説

似た商品をチェック

トップのクチコミ

  • 私はストレスや生活習慣の乱れで口内炎、肌荒れができやすい体質なので、ネオビタBBプラス「クニヒロ」でケアをするようにしています。口内炎ができると痛みを感じてしまい、美味しいものを食べても集中できないです。特にラーメンや焼肉などは口内炎があると美味しく頂くことができないので、外食する前の日は必ずネオビタBBプラス「クニヒロ」を使います。また、肌荒れもしやすいので、睡眠不足が続いたり、飲み会が増える時期は必ずネオビタBBプラス「クニヒロ」を使います。私の使い方は朝と就寝前の2回、1錠飲みます。朝は栄養の吸収が良いですし、寝ている間に体は回復するので、朝と就寝前にビタミンを摂取するのは大切なことだと思います。

最安値比較

SNSでの反応

関連記事

関連商品

  • 商品情報をシェア

人気のキーワード

人気の記事

新着記事

カテゴリー