編集部の解説

商品詳細

しみ・そばかすに チョコラBBルーセントCは、ビタミンC600mgとL-システイン240mgを配合し、還元力(抗酸化力)により、表皮の下からメラニンを無色化し本来のキレイな肌を取り戻していきます。 ビタミンB2・B6が、肌の代謝(ターンオーバー)を正常化し、ビタミンEが黒色メラニンの排出を促します。

使用方法

次の量を食前又は食後に水またはお湯で服用してください。 年齢 1回量 服用回数 成人(15歳以上) 2錠 1日3回 7歳以上15歳未満 1錠 7歳未満 服用しないこと

注意点

1.服用後、次の症状があらわれた場合は副作用の可能性があるので、直ちに服用を中止し、医師、薬剤師又は登録販売者に相談してください。 関係部位 症状 皮膚 発疹・発赤、かゆみ 消化器 吐き気・嘔吐 2.服用後、次の症状があらわれることがあるので、このような症状の持続又は増強が見られた場合には、服用を中止し、医師、薬剤師又は登録販売者に相談してください。下痢 3.1ヵ月位服用しても症状がよくならない場合は服用を中止し、医師、歯科医師、薬剤師又は登録販売者に相談してください。 4.服用後、生理が予定より早くきたり、経血量がやや多くなったりすることがあります。出血が長く続く場合は、医師、薬剤師又は登録販売者に相談してください。 [用法・用量に関連する注意] 小児(7歳以上15歳未満)に服用させる場合には、保護者の指導監督のもとに服用させてください。 [成分に関連する注意] 1.ビタミンCの服用により、尿及び大便の検査値に影響をおよぼすことがありますので、尿及び大便の検査を受ける場合には、本剤を服用していることを医師にお知らせください。 2.本剤の服用により、尿が黄色くなることがありますが、これは本剤に含まれているビタミンB2が吸収され、その一部が尿中に排泄されるためで心配はありません。

成分・原材料

成人1日量6錠中に次の成分を含みます。 アスコルビン酸(ビタミンC) 600mg L-システイン 240mg リボフラビンリン酸エステルナトリウム(ビタミンB2リン酸エステル) 15mg ピリドキシン塩酸塩(ビタミンB6) 20mg ニコチン酸アミド 25mg コハク酸d-α-トコフェロール(天然型ビタミンE) 100mg [添加物] タルク、ヒドロキシプロピルセルロース、酸化チタン、ステアリン酸Mg、セルロース、ヒプロメロース、マクロゴール

成分の解説

似た商品をチェック

トップのクチコミ

  • ビューティービタミンCビタミンB

    夏場はいつもこういうサプリメントを飲むのですが、お肌がワントーン明るくなります。くすみが取れるイメージですかね。シミの予防として愛用しています。

  • ビタミンCビューティー

    肌のくすみが気になり美肌効果を期待して購入しました。お値段的にはチョコラシリーズの中でもちょっと高かったのですが…。 2週間ほどのんではみたのですが、効果を感じることもなく、副作用なども特になく、ただ続けるには高いのでやめてしまいました。

  • 以前インドネシアに10年近く住んでいて、もともと色白なのもあって、日差しの強さから顔や腕にシミやソバカスがたくさんできてしまいました。帰国してから、こちらのチョコラBB ルーセントCを服用してみました。第三類医薬品なので、サプリを飲むより効果が高いかなと考えたのと、シミやソバカス対策に特化しているとのことで期待して半年ほど続けてみましたが、私の場合、シミ、ソバカスは消えなかったです。ただ肌の透明感は少し出てきたかな、という感触はありました。値段も手頃なので、もう少し長く飲み続ければよかったのかも。できてしまったシミやそばかすを消すというより、できる前の色素の沈着を防ぐ効果を期待する商品みたいですね。

  • ニキビ跡、しみ、そばかすに効果的ということで使いました。少しずつですが、肌のトーンがあがって明るくなったと思います。肌色が白くなってきました。しみが少し薄くなったような気がします。これからも続けていきたいです。

  • 頬のシミの濃さに不安を感じてチョコラBBルーセントCを買いました。表皮の下からシミを薄める効果があることとターンオーバーの正常化を期待しました。副作用は感じなかったです。効き始めるまで半年くらいかかりました。中止した理由は経済的な問題です。余裕が出来たら試してみたいです。

  • 数年前の初夏の頃、日焼け後が気になり飲み始めました。 また、年齢によるシミやくすみが気になったことも理由です。 特に副作用で気になる点はなく、飲み始めてから3か月程経った頃、全体的に肌の色がワントーン白くなった気がしました。

最安値比較

SNSでの反応

関連記事

関連商品

  • 商品情報をシェア

人気のキーワード

人気の記事

新着記事

カテゴリー